FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康になれますよ・

足の裏をとんとんたたくと健康になれます。
これでたたくと血行もよくなって・・・

健康器具の販売ではありません(笑)
ケリーの発情が始まったようです。
今回はちょっと・・笑えます。

まず、こたつにもぐり込みます。(これは毎年一緒)
で、足を捜します。
足の裏の臭いをかいでます。
足の形に添って右から左、左から右へとすりすりします。
で、足の裏をとんとんします。
足首にすりすりして・・・べたーっと甘えます。

これをされると30分は動けなくなります。(笑)
でも・・ケリーが思っている人の足でないと・・
かみかみされます。
で、これがひんしゅくをかってます。
大抵ままかひとっちの足を捜しているんですが・・
緊急(笑)の場合とりあえず誰のでも・・・で、お目当ての人の足がくるとどーしてわかるのか・・「がぶっ(ちがうじゃあないの!!)」
鳥だから許されますが・・人間だと・・ぶっ飛ばされます(笑)
まぁ~人間は足がいっぱいあるコタツの中にもぐりこもう・・・なんて・・おもうかな?

いろんな本を読んで大型鳥は多くて1年に4個の卵を産みますってのっていました。
昨年はその4個(春1個、秋3個)の無性卵を産んじゃったケリー
体力が落ちないかひやひやしてますが・・
その後(秋3個産んだ後)つやっつやになっちゃって・・
これが自然なんでしょうけど・・
はぁ~~・・・心配の季節です。

ケリーはだんだんとレベルアップしていきました。
行動も人間臭くなって(笑)
さすが年数を重ねたオウムと感心させられることも多々ありました。
CIMG0049.jpg

スポンサーサイト

突然はあかんでぇ~~

娘がまだ小学生のとき、友だち5人連れて帰ってきました。
どさどさどさっ・・

「あーっかわいい~~」
無理やりゲージ開けて・・ピョンを引っ張り出して・・

「あーっおおきい~~」
とさか上げているケリーをさわりまくって・・
写真とりまくって・・

ここでかーちゃんの「かーっつ!!」

「あいさつしなさい!!
手、洗いなさい、人間が一番ばい菌もってるねんでーっ
知らん動物やのにさわりまくらない!!
あんたたちだって知らない人に突然さわられたらどーすんの」

「えーっそんなん変態やーっ」
「そーや、この子もあんたらのこと変態と思ってるでー」
「いややあぁ~変態ちゃうでーっ」

最近の小学生の女の子は(ー_ー)!!
悪がき幼稚園児より礼儀がなっとらん!!
かーちゃんの「かーっつ」
で、竜巻のように出て行きました。
えっ鳥さん達・・しばらくぼーっとしてました。(笑)
ケリーはおとなしいから被害なしで済みましたが・・
オウムは虎やライオンと同じぐらいに恐いときもあるんやでーっ

我が家の子たちは比較的おとなしいです。
それでも無理やりとか・・いやなこと・・とかは攻撃に入ります。
それにケリーはとっても神経質でした。
特に見えない目の側から手をのばしたり、さわろうとすると噛んだり攻撃をしようとしました。
今いるアオボウシの銀河は突然手を伸ばすと必ず噛まれるでしょう。

子供たちのお友だちやかわいいお友だち(幼稚園の悪がきちゃんたち)には
必ず「お見合いをしてね」っていいました。
しっかり顔を見て、目をみて、お互い認識し合って次の行動にうつる・・
特に銀河は恐がりで噛癖があるのでまず声をかけて注意を引いてから手を伸ばすようにしています。

めったに噛まないケリーに噛まれるとき・・
それは人間側に原因があって、悪いのは人間だった・・って時が多かったです。
それでもせいぜい薄皮一枚
少し血がにじむぐらい(笑)
子供たちにも噛まれたときはどうして噛まれたか・・考えるようにしていました。
CIMG0067.jpg


おきちゃんの世渡りその2

ケリーがゲージの上にのったとき、おきちゃんはぜーったいしゃべりません

どんなに誘っても、ピョンやケリーの鳴きまねしかしません

ケリーに遠慮して・・??

いえいえ、これ見よがしにしゃべると仕返しされるから(笑)

これぞ究極の世渡り・・

自分の立場を絶対守るおきちゃんです(笑)

で、2羽が引っ付くと・・いえ・・ケリーがおきちゃんのゲージに近づくと

ぜーったいオカメのピョンものぞきにきます。

最近カメラ構えると・・

ゲージの奥にいても走って出てくるピョンです


で、最近のおきちゃんは??
新語を覚えてくれました。
「おかーちゃん・・おかーえり」

外出から帰ってくると
「おかーさん、おかーさん、おかーさん、おかーり・・・おきちゃん(に)ちょーだい」(笑)
やっぱり・・言葉はすごい!!
何度聞いても・・めろめろになります。

帰ってきたとき待っていたように雄たけびを上げて呼んでくれるケリーもかわいかったですが
こうして言葉に出してくれるといっそうかわいさが募ってきます。

ケリーとはあまり仲がよくなかったおきちゃん
それでもケリーがいなくなってしばらくはとっても寂しそうでした。
そして一生懸命新語を覚えて慰めいくれようとしていました。

気難屋さんで扱いが難しいおきちゃんですが
これはこれで・・やっぱり全部がかわいいです。
P1000701.jpg




おきなの世渡り

オキナインコおきなの世渡り
かなり面白い(と飼い主は思っています)
まず

自分の名前を連呼する
「おきちゃん、おきちゃんおきちゃん、おきちゃん・・・」
とにかく「うるさいっ」って言われるまで連呼します。
「おきちゃん」って言う名前の方が選挙に出るときにうぐいす嬢に使ってもらえそうです。

ライバルの名前は絶対覚えない
ケリーとピョンの名前は絶対飼い主の前ではいいません。
徹底してます(笑)

場の空気をいち早く読む
これは一番上手
とにかくぴか一です。

で、飼い主のご機嫌を取る
とにかく飼い主のご機嫌が悪いときは新語の練習をしてます。
自分に気持ちをひきつけて・・で、褒められています。

覚えた言葉はつぎつぎ連呼する
これはうるさい、「おきちゃん、うるさい」まで覚えました
(苦笑)

最後にここが一番大切なところ
くりくり目でじーっと見ます。
ひたすら見ます。本当に誠心誠意見ます。
飼い主はめろめろになります。

以上おきなの世渡り・・
荒れ鳥のおきな
だいぶ慣れてきました。
で、かなりな知能犯です

ケリーは裏切られても、待たされても人を信じて人と一緒に暮らすことを諦めていませんでした。
でもおきちゃんは・・
ショップで片隅にやられて
バンバンゲージをたたかれて・・
だから噛んだら・・いたいって叱られて・・
人は信じない・・と固く心に誓っているようなところがありました。
ケリーはおきちゃんのことがきらいでした。
これは昨年のお話
まだ手からおいしい物をもらうこともあまりうれしそうでなかったときのことです。

待ったかいがあった??
ケリーとの関係は??
続きは明日(笑)
P1000768.jpg

未知との遭遇

さて、じゃりんこ達のお話も素晴らしいエンディングに近づいてきました。

いつものようにじゃりんこ達は元気に遊んでました。 が・・・
この日はいつもと違って泣き声が聞こえます。

心配で覗いてみると・・じゃりんこ君の一人が自転車もろともひっくり返っていました。

あわてて降りていって・・助けてあげましたが・・ズボンが少し破れて擦り傷作っているし・・自転車のチェーンは外れているし・・「ママは?」って聞いたらお出かけだって言うし・・

仕方がないので長男(このときは運よく休暇中でした)呼んだら「おれおんぶしてあげるから」で、もう一人のじゃりんこ君連れて我が家へ・・
もう背中の子は目がまん丸・・
「おれ・・おれ・・おにーちゃんにおんぶされてる・・」って

で、長男が自転車の修理とじゃりんこ君のお家にメモ入れに行ってくれて、二人は傷の手当のために二階に・・・

二階に上がると窓際には・・そう鳥かご3個・・
もう子ども達目がきらきらで・・
「あーっ、あーっ、どーぶつえんでみたーでーっ」
(ケーちゃんなくなよーっ、ばれるぞー)
「あーっあーっすごいーーっ、どうぶつえんみたいやーっ」
(ちがうてーっ、動物園のはオオバタン、これはタイハク)
とりあえず3羽をゲージから外へ・・

おきちゃんはオキナインコ独特の甲高い威嚇の声を上げて家の中を飛び回ります。
これを見た傷だらけのじゃりんこ君は・・
「すごーい、すごーい、○○戦隊の○○みたいやーっ、・・
かっこええなぁ・・・すごーい、すごーい・・」

ピョンはままの肩に・・
ケリーはもう一人のじゃりんこ君の周りをぐるぐる回っていて、そのうちにくーくーと鳴き声をだして猫のように甘えだしました。
(場の空気を読んでくれるケリーは大好きです)
「えーっかわいいなぁ~、おばちゃんどーしてあげたら喜ぶん」
ってかきかき始めてくれるし
その間に傷の手当して・・終わった長男に頼んでおやつの用意して~~
で、お母さんが・・・真っ青な顔して「ピンポーン」
そう、すっかりばれたとメモも半分しか読まずにすっ飛んできてくださいました。

「おかーさん、おかーさん、すごいでー、動物園みたいやーっ、あの子なぁ○○戦隊の○○見たいにバビューンってとぶんやーっ、んでな・・どっかのジャングル探検に行ったときの声みたいなんでなくんやーっ・・かっこえぇなぁー・・
なぁ、友だちにここのおうちどうぶつえんみたいやーってじまんしてええ」

「あ・か・ん」大人二人声をあわせてしたたかにあわてて・・

「この子かわいいでーっあまえるんやーっ、ほんまにかわいいでーっ」
「よかったなぁ~、守り神さんのいうこと聞いて毎日ええ子にしてたからご褒美もーたー・・すごいなぁ~どうぶつえんとついっしょやーっ」

その後長男とゲームしてもらってかえって行きました。
あとでお母さんとくすくす大笑い・・
どうやらばれてない・・・
でも新しい自慢の種を作ったようです。
さてさて・・これからどうなるんでしょう

で、傷は・・・後日聞いたら
夜お風呂に入るとき・・少し泣いたようです(笑)

その後傷だらけのじゃりんこ君はやっぱりオキナインコをパートナーにしました。
とっても元気な男の子です。
毎日ちゃんとかまってもらって幸せにくらしています。

ケリーのことをかわいいっていってくれたじゃりんこくんは「タイハクかオオバタンがほしい」とだいぶおねだりをしたそうですが・・
ご両親もおじい様おばあ様もあまりの値段の高さと長生きに恐れをなして
いまはオカメがおります。

ケリーがお星様になったこともこの子達にちゃんと伝えました。
一生懸命我慢してくれましたが、ケリーのお墓の前でぽろぽろと涙を落としてくれました。
この子たちがいつもの通る歩道側にケリーのお墓を作りました。
いつも見守ってくれますように・・

銀河のことも知っています。
いつもいつもひぐらしの声が聞こえると驚かしてあげたかったのですが・・
どうも銀河はケリーより鳥ができていないので(笑)
一発でばれちゃいました。

ご両親の努力もあってやさしい、やさしい子供達に育っています。
そして命を大切にしてくれています。
昨年の夏は虫取りをしていました。
でも捕まえたセミをゆっくり観察してノートに書いたらそっと離してあげていました。
これからも命の大切さを伝えてくれると信じています。
254534132_187[1]

怪獣は守り神

昨日の続きです。

来ました。じゃりんこたち・・

虫取り網をもって、インラインローラーのヘルメットをかぶって、腕と胴には戦隊もののコスプレして・・おとーさんついて

「今日はなけへんなぁ~」
「ぼくらきたんみとったんかなぁ~」
と声が聞こえて・・・
主人と「きたで~、きたでぇ~」(少し面白がっています)
娘はケリーちゃんをしっかりと抱いて
「退治なんかさせへんでぇ~~」

ここでおとーさんが一言
「あのなぁ~、その声なぁ~ほんまに怪獣か?
それなぁ~ここの守り神ちゃうかぁ~~」
「??!!」
「おまえらなぁ~ここでいたずらしたときに鳴かれたんちゃうか」(そうやっ騒いでたときや)「・・・・」
「そやから、○○戦隊でも出とったやろう、怪獣やおもたら味方やったて・・」
「その声、おまえらがここでいたずらするから、ここの鳥さんやら守ってるんちゃうか?」「・・・」
    (ちょっとあたってるやん)
「なっ、怪獣ちゃうねん、守り神、神さんや、
 もーいたずらしませんってあやまり!!」

「もーいたずらしません」
 (おとーちゃん、うまい!!)

ということで、ケリーちゃんは「守り神」になりました(笑)
翌日お母さんもこられて、苦労したけどあきらめた、その代わり毎日ここで「拝んでいる」のでそれだけは堪忍してあげてくれ・・・・
そうそう大きな声で
「声のおおきな守り神さん、いたずらしません、好き嫌いいいません、そやからこんどは○○こーてもらえますよーに」

ちょーっとそれはきかれへんかもよ~~・・・・(あ~あっ)

で、最後にとどめの続きがあります。
それはまた明日
P1000673.jpg

怪獣おるぞぉ~

我が家の裏は2mの遊歩道になっています。
幼稚園ぐらいの子どもさんもいたずらしながら楽しく通れる道ですが・・

昨日男の子が2人
裏の道をいったりきたり・・
「んー?」って思っていると(実はこそこそ話し声がきこえるので)
ケリーちゃんが気配を感じて「ギャー」と鳴きました。

「なっ、なっ、やっぱりおるやろーっ」
「ほんまや、うそちゃうやん・・すごいなぁ、よーみつけたなぁ~」
「そやろっ、ここら辺には絶対おるねん、怪獣」
「ほんまやっ、おるおる、○○ちゃんにもゆーたるわっ」
「あかん、あかん、みんなで怪獣退治にきたらえらいことやっ、次におやすみにパパと見つけにこよなって約束してん、んでな、見つけてパパと新聞にのったり、テレビに出たりするねん」
「ぼくも隣でださせてなぁ、ぼくも手伝うわーっ」
「うん、約束やでーっ」

・・・・・・・・・
ここまで聞いて(2階の窓から)・・
なんだか頭が「くらっ」ときました。(笑)
ケリーよ、つかまるぞー、鳴くなっ!!

それともつかまってテレビに出るか?
CIMG0035.jpg


このお話には続きがあります。
結構爆笑
まだまだケリーが元気だったときのお話・・

今は??
緑のひぐらしかなあ~(笑)

飛べないけど

ケリーは自分で飛べなくなってしまいました。
そう自分で風切羽もちぎってしまったから・・

でも我が家ではかなり自由なことをさせていました。
飛べないけど・・
歩けるから(笑)

嘴もあるし
よじ登ることも
飛び降りることも
できました。

ビデオは椅子によじ登ろうとしているところ・・
つるつるするのにとっても上手にに登っていきます。


さて、ケリーはタイハクオウム
結構な大きさがありました。
でも家の中では飛ぶことがなかったのでそれほど感じませんでしたが

おまけのビデオ、アオボウシインコの銀河は大型インコ
ケリーより一回りちいさく感じます。
でも飛ぶと・・存在感抜群!(^^)!

小型や中型鳥さんを飼っていらっしゃって、大型が飛ぶのはしらないわぁ~とおっしゃる方
ぜひ見てください。
メタボ気味で迎えた当初は地を這うように・・飛んでいましたが・・

2ヶ月あまりで大体もとの姿、力を取り戻したようです。
家から出たときのことを考えると大変恐いですが・・
それでも持っている能力を引き出してあげたい、取り戻してあげたいと思っています。

飛べない鳥のつらさはケリーだけで充分です。




動画はアップできたけど・・

動画のアップはできましたけど・・文章が入らなくなりました。

うーん・・・

下の動画・・水浴びして、日向ぼっこの最中
洗濯物のすそを引っ張ろうと・・
悪ケリーです。


動画は残酷です。
もういないのに・・
元気な姿を見せてくれる・・
しばらく見ることができませんでしたが・・
最近は
「あっ、こんないたずらしてたなあ~」って懐かしく思ったり・・
こうしてみなさんに見ていただけるのも残してあったから
どうぞ、楽しんでください。

できるかな??


オウムレスキューのお話

ある方からアメリカのオウムレスキューのお話を聞きました。

我が家のケリー(タイハクオウム)もアメリカだと当然のことながらレスキューされる鳥さんでした。
何回も飼い主が変わっていないことと、虐待がなかったことが唯一の救いです。

それでも自分を見てほしくて、かまってほしくて、自分の毛を抜き続けていました。
紹介された記事の鳥さんも同じでした。

ちっとも改善しない毛引き、今でもちっともきれいな姿を取り戻してはいません。

それでもケリーの偉かったところは人間に対する恐怖を持っていなかったこと。
持っていたのは「また自分だけにされる、取り残される」恐怖
迎えた当初は大きな声で何度も何度も呼び鳴きしました。
まるで自分のことを見てくれているか確かめるように・・

1年9ヶ月、いままでケリーが我慢した時間を考えると長い時間ではありません。
でも我が家で暮らしてる1年9ヶ月の間にずいぶん彼女は変わったような気がします。
それでもまだ短い1年9ヶ月
彼女の毛引きは体の傷でもあり、心の傷でもあるようです。

ここのサイトをごらんの皆さんの愛鳥さんには当てはまらないでしょう。
どんなに大切にしてあげていても毛引きをする鳥さんもいます。
それを悲しく思って、また大切に思ってあげている飼い主さんもいっぱいいらっしゃいます。
でもケリーのように心に傷を持った子がいることを忘れないでほしい。
長い長い時間、たった一人で過ごしてきた子がいることを
そして、ケリーの丸裸の姿は人間の罪である事も


私はケリーの最後を見て上げられてとっても幸せだったのかもしれません。
そして今いる銀河も似たような境遇です。
ただ、この子は一人が苦にならなかったようです。
すっかり人間嫌い寸前
それでも今はこちらの言うことに耳を傾けてくれて、手にのってくれます。
だから、もし心に傷をもった鳥さんを飼っていらっしゃる方も
諦めないでください。
きっといつか・・いつの日かこころが通じ合うときがくると・・私は信じています。


今日は動画をアップしようと思いました。
でもうまくアップできずに・・(5回も失敗しました(>_<))
明日はちゃんとアップしてケリーの楽しい姿を見ていただけるように・・勉強します。
P1000816.jpg

はなれへん・・・

今日は絶対はなれへん
絶対引っ付いてんねん

そやかて、まま大好きやもん

カステラとままは・・・・うーんカステラくれるまま

ロールケーキとままは  ロールケーキくれるまま

焼き芋とままは   焼き芋くれるまま

根太もやしとままは 
 根太もやし一本ずつ食べさせてくれるまま

なんしか・・なんかくれるままが大好き・・・

あれ・・・とにかく好きやねん  (*^_^*) ケリー
294270611_157[1]


離しても、離しても引っ付いてくるときがありました。
本当にトイレにもいけない(ーー;)
何か理由があるんだろうなぁ~って思ってずーっと引っ付かせていたときもあります。

ケリーとの最後の1週間
たまたま少し体調を崩してほとんどケリーと一緒にすごしました。
ほとんどの時間ケリーを抱っこして・・
コタツにもぐりこんでいました。
最後の1週間って知らなかったけど・・
この1週間がなければ・・もっともっと後悔していたと思います。
それでも・・また・・もう一度抱っこしてあげたい・・・
そう強く思っています。

ケリーとドーナッツ

ケリーは我が家に来る前、とっても偏食でした。
ひまわりの種しかもらっていませんでした。

だから我が家に来てからいろんなものを食べさせていました。
ただ、ぜったい譲れなかったもの・・
どんなに叱られても・・
頑として・・かっぱらいをしてでも欲しかったもの・・
それは
カステラとダブルショコラのドーナッツ

本当にかっぱらうぐらい・・
娘が食べている横から嘴を突っ込んで・・
大口開けて・・
ガシッとくわえると・・
千切れるまで・・離さない(>_<)
もう・・執念の一口・・

これぐらいは・・これだけは・・って本当はだめだけど・・
たまにドーナッツとか・・カステラとか・・
ティータイムに買ってきて
ケリーを膝の上に乗せて食べさせていました。
そんなときは電話も、携帯も、テレビのリモコンも手の届くところにおいて
長時間たたないでもいいようにトイレにも行って・・(笑)

食べた後はお口拭いて・・抱っこして・・かきかき・・撫ぜ撫ぜ・・
ゆっくりした時間をおくれました。

ケリーが逝ってしまってからドーナッツを買うのが・・少し悲しくて・・
でもまた最近時々行くようになりました。
今度は1玉ではなく・・1個
もう抱っこはできないけど・・ゆっくり食べてねっ

でねっ、かっぱらってもいいから・・
ケリーお膝に食べに来て・・
ねっ、一緒に食べよう・・

ままのねっ、ティータイムはゆっくり座れへんようになったよ・・
今は誰も膝の上にのってくれへんから・・
ケリー・・お膝・・開けて・・待ってるから・・
CIMG0044.jpg

幸せの白い鳥??

主人がJR大阪駅で見たお話です。

大阪駅にはきっと無断でしょうが露天を出している人が多いです。
ちょっとしたアクセサリーとか、雑誌とか
で、その中でこれも少しのアクセサリーと白いキバタンをつれた人が時々立っているそうです。

主人は「あれは・・キバタンかな?ケリーちゃんより小さいなぁ」っていつも見ていたそうですが・・
昨日そのキバタンの前に看板が・・
「この白い鳥にさわると幸せになります。お金はこちらに」
ということは・・・さわるためにお金がいる?

そのキバタンらしい鳥は真っ白で毛引きもなし
おとなしく止まり木に止まってわめくわけでもなし、怒るわけでもなし・・
たまにお金を入れてさわっている人がいるそうな・・

じゃあケリーちゃんは・・・
「毛引きでも強運の持ち主、運勢を開く元白い鳥、お金はこちらに」
とでも書きましょうか?

都会には時々面白い人がいます。
でも主人はその後この鳥と人のカップルに会ったことはないそうです。
幸せにしてるかな??

でも考えようによってはゲージに閉じ込められるより
外の世界でいろんな人をみれたこの子は幸せなのかも・・しれません
P1010030.jpg

わがままケリー

ケリーは「わがまま」言ってます。
理由は「こーたつ、こーたつ」
おこたで寝たい、おこたで一日過ごしたい・・
相変わらずしかられています。
ひょっとするともうすぐ「あれ」かも~~

そう、卵ちゃん・・1個出るかも~~(涙)



ケリーの産卵場所は「こたつ」でした。
鳥さんの産卵のばあい温度が大切なんだそうです。
もし「お腹が大きいのに卵がいつまでもうまれないなぁ~」と思っていらっしゃる方がいたら、ゲージを暖めてあげてください。
だいだい25度から30度ぐらいに暖めるそうです。
冬場の小動物用の暖房器具とか、我が家では緊急の場合人間が使う「あんか」をおいてあげたりしています。
気温が低いと卵づまりになるそうです。
無性卵の場合巣箱を持たせないのでよけいに卵つまりがおこるそうです。

そういう意味ではケリーはとっても賢くて最初から場所を「こたつ」と決めていたようです。
で、この卵つまり防止のお話を獣医さんから聞いたときに
本当に目からウロコで・・(笑)

ケリーは9個の卵を産みましたが一度も詰まらせたことはありませんでした。
でも・・・
「こたつにぃ~~  い・れ・ろぉ~~」とうるさいんですよ・・・(>_<)
P1000733.jpg

マダム・ままの新作発表

レディケリー専属デザイナーマダムままの新作発表でごさいまーす。

まず、写真をご覧ください。
254534132_187[1]


エリザベスカラーとショールを一緒にしたおしゃれなデザインでございまーす。

ポイントはお腹のちょっと(?)薄くなった部分を目だ立たせないこと
白いお肌によく似合う情熱的な赤もポイントですねぇ~~

モデルはもちろんレディーケリーです。

こんなことをして遊んでいました。
そう、遊びをくわえて・・ひどい毛引きでも悲壮にならずに・・
まぁ~究極は「私達のせいではないも~~ん・・」(笑)
いかに楽しくすごすか・・
いかにおしゃれにみせるか・・・

と・・こんなことを考えてばかりいたわけではありませんが・・
比較的私にはおとなしいケリーが素直にしてくれるのがとってもうれしかったです。

もし毛引きをしていたり、ひどい反抗期を迎えている鳥さんと暮らしている方がいらっしゃったら
「まぁ~いまだけ・・いまだけ・・」って思ってあげてください。
それを過ぎるとまた見違えるように素直になって・・
新しい関係が築けると・・・思っています。

怪奇の・・・犯人は・・・誰??

少し遊んだときのものです。
犯人の想像はつくと思いますが・・・
まぁ~楽しんでください。

ここに箱を置くと角がなくなります。
なぜかしら・・・
いつの間にか・・段々と角が無くなっていきます。
これぞ怪奇・・
えっその白いお方ですか?
いえいえ滅相も無い
このレディーケリーはそーんなことは ・・・
お行儀のいい子です。
ねっ、レディー
なくなった角から中身のぞいてなんかしないよねぇ
237637572_232[1]


ここにずっとおいていた紙袋
いつの間にか角が・・・
どのふくろも角がない・・・
レディケリーに聞いても首を振るばかり・・
本当にこの家には・・・
なにか・・・得体の知れないものが・・・
240032718_179[1]


我が家ではみーんな大好き○○○のドーナッツ
ひとっちが帰ってきて食べようとあけると・・
「1玉ない・・・」
誰、誰・・・・
だーれもあけていないよっ
レディーケリーに聞いても首を振るばかり
で、今度は箱の角は・・・・あ・る・・・
お店からなかった?
いえいえ、あったよっ・・
誰なの? ねぇ・・誰?・・・
240878292_9[1]


ケーキの箱かじったんあんたやんか!
大事においてた紙袋かじったんあんたやんか!
ドーナッツの箱襲って壊しそうになったから1玉あげて食べたんあんたやんか!!
みーんなあんたがやったんやーっ!!
                     まま

やってないって首ふったんちゃう
冠、きもちわるかったんや・・・
箱あったらかじりたいやん
紙あったらかじりたいやん・・
ドーナッツお留守番のご褒美にくれるやん・・
おいしいもん・・・はよほしーやん・・
知らんとおもとった・・証拠写真あるんや・・・  ケリー
241679001_166[1]


ということで皆さんの予測どおり怪奇の犯人はケリーちゃんでした。
ケリーちゃんは自分の餌以外はままやひとっちの手からしか食べ物をとりません・・が、カステラとドーナッツは別です。
特に写真の「ダブルショコラ」は威嚇して人を襲ってでももらおうとします(笑)
我が家に来たときに食べていたアーモンドチョコレートも食べることがなかなか止められなかったひまわりの種のばっかり食いも止めることができたので、これぐらいはと思っています。
でも・・よいオウムさんはまねしないでください。

ケリーはのべくまなしに何かを齧っていました。
箱、紙、食べ物・・なんてのは序の口で・・
壁紙、壁、柱、タイル・・・
そして5cm×5cm、長さ20センチぐらいの角材だったら時間にすれば1時間弱で木屑になってしまいました。
ケリーの齧りかけのものが部屋の中に残っています。
壁紙、壁、柱の角、タイル、床のクロスの角・・・
ケリー戻ってきてもう少し齧っても・・・いやいや・・・こればっかりは・・・でも・・・(笑)

ええねん・なんで・ほっといてくれ

これは私がこの子たちを見ていて感じたことです。

ケリーのええねん・・
ええねん・・体が臭いっていわれても・・
ええねん・・毛がなくってはげてても・・
ええねん・・ひまわりあんまり食べたらあかんゆわれても・・
おかーちゃんおるもん・・ひとちゃんおるもん・・おとーちゃんもおにーちゃんらもおるもん
前のお家のこと・・ええねん
前のおとーちゃんも・・もうええねん・・
おかーちゃんいつもおるもん、ひとちゃんいつもおるもん・・
もう・・ええねん・・・

アオボウシインコ銀河のなんで・・
なんで・・肩にとまるん
なんで・・頭さわってもらいたいん
なんで・・ほつぺたかいてもらいたいん
なんで・・なんで・・わからん・・
あたし・・そんなんしてもーたことない・・
うるさいっていわれたけど・・
噛んだっていわれたけど・・
そんなんしてもーたことない・・
なんで・・なんで・・でも一緒にいると・・ええなあ~・・なんでやろぅ~~

オキナインコのおきちゃんのほっといてくれ・・
ほっといてくれ・・キーキー鳴くってゆーやないか・・
ほっといてくれ・・ゲージバンバンたたくやないか・・
ほっといてくれ・・恐いって・・ゆーやないか・・
オレのことをかまうなよ・・
噛まれても・・なんでおいでってゆーねん・・
みんな・・あそこのみんな・・おれのこと嫌ろとったやないか・・
なんでいつもお前らよんでくれんねん・・
なんでお前ら・・噛まれても手いれてくんねん・・
おれのこと・・おれのこと・・ほっといてくれ・・
おれも・・おれも・・ちょっとは寂しかったんや・・
そやから・・きらいになるんやったら・・・ほっといてくれ・・
P1000768.jpg

銀河はまだまだこれからです。
お互いの信頼を確実なものにしていきたいと思います。
おきちゃんは・・・おきちゃんは今年で3年目・・・
今日始めて頭を掻かせてくれました。
とっても気持ちよさそうな、そして照れくさそうな顔をしてくれました。

これでケリーが元気でいてくれたら・・・と思います。

悪魔が帰りて飯を食う・・・

おどろおどろしい話・・・
ドスン、ドスン、ドスン
大きな足音が・・・バタン・・・えっなに・・・
がちゃん、がちゃん・・なんやろう・・・

「おかーさん、なんかしてーなーっ」

これは我が家の悪魔がかえってきた音
そう、つまり高校生(2006年当時です)の2人が試験中で早く(はやくって2時ごろですが)帰ってきます。
もうこの2人はまさに「悪魔」
家にいないと10回位メールしてきて
「何食べるのー」「これたべていい」「どーすんのー」
こいつらはまさに「生活能力ゼロ」です。

でもこれに少し喜んでいるのがケリー
子ども達の着メロはそれぞれ誰だか分かるように代えています。

まず次男のヨッシーは畜産科に行ってるのでハイジの主題歌
これがなるとケリーはリズムをつけて踊りだします。

末っ子で長女のひとっちはトトロの「さんぽ」
ケリーはこれがなると急いで階段を覗きに行きます。
(すぐに帰ってくるの知ってるから)

で、長男は「ルパン三世のテーマ」
ケリーはもちろん「無反応」
この一羽と一人はお互いを家族と認めていますが、まあ普段は無視です。

で、この3曲次々鳴らしてみたことがあります。
もちろん、ケリーはパニック・・
で、ままは足を噛まれました(泣)

2年たって・・娘は少し成長しましたが息子達はあんまり・・(笑)
今はアオボウシの銀河がいます。
娘が帰ってくると・・とってもうれしそうな顔をしますが・・
息子達がが帰ってくると・・
嘴剥いて  攻撃態勢です(苦笑)
どうやら銀河は男の子にずいぶんいたずらをされたのではないかと・・
まだ迎えて2ヶ月弱ですが・・
男は「大きらい」なようです(笑)
CIMG0007.jpg

足で頭をかいているところでしょうか
こんな姿を見つけるとよく頭かきかきしてあげていました。
とさかの下は は○ なので・・(笑)
指でこしこしこすってあげると気持ちよさそうな顔をしていました。

ひみつの場所

あたしの場所よ・・

えっ、ひ・み・つ・

ひみつなの・・

何がって、場所がよ、場所

えっ、写真にうつってるの・・・

もーっだめなんだから~~

ケリーはままとひとっち以外覗くと威嚇します。
ひみつだけど・・・みーんなしってるよーっ
246517462_189[1]

ケリーに秘密の場所を持たしていました。
ゲージをおいているとなり、餌なんかを入れている台の一番下
結構喜んで頭を突っ込んでダンボールを齧ったり・・
木の齧ったものを持っていったり・・
どうやら巣作りのつもりだったようです。

やりたいことをやらせてあげられた・・と思っています。

ぺたぺた歩くのは??

「本当にオウムが歩いている家なんだーっ」
とお友だちに言われました。

自由鳥ケリーはますます自由鳥させています。
誰かいるときはほとんど放鳥状態
家中をぺたぺた歩いています。

それでも治らない毛引き

いえいえこればっかりは長い間のの悪い癖
少しずつ直していかなければいけないようです。

「わんこが走っているお家って普通だけど、オウムが歩いている家って、なんだか新鮮」
って言われました。
これからのトレンディーになるかな?

でも、かなりマニアックな世界かも~~

ケリーは家に誰かいるとほとんどをゲージの外ですごしました。
そして今いる銀河は??
どうやらゲージの屋根につかまったり・・
ゲージを四角に忍者歩きするのが好きなようであまり自分から出てこようとはしません
これも鳥種のちがい
面白いです。

銀河を迎えた日、そのまんまかかりつけの病院に健診に行きました。
結果は「メタボ」(笑)
体重470グラム
脂肪いっぱい(苦笑)
お腹も、足も、背中も・・・脂肪がいっぱい・・
「このままだと肝臓とか腎臓が悪くなって・・」って注意を受けました。
ひまわりオンリーだったシードとミックスに変えて
いい香りのするペレットを入れて・・
青菜類とゆで豆類を毎食
特にゆで豆はとっても好きなようで1日2回ゲージの外で手から食べてくれます。

で、今日の健診の結果・・
体重370グラム
脂肪・・まったくなし
筋肉もりもりのマッチョなアオボウシになりかけています。
そういえばケリーもお痩せでしたが
脂肪なし(笑)、羽の力も強かったです。
で、ちびたち4羽ももちろん脂肪なし(笑)
ただ、筋肉もりもりのマッチョな鳥さんって・・羽の力が強くって・・・
よくとぶんですよねぇ~(苦笑)
健康体になるもの苦労
健康体になっても・・・苦労(たくさん飛ぶので注意が必要です)
でもとりあえず・・ほっとしました。
P1000715.jpg

バックの見苦しい洗濯物は・・お許しください(笑)
お日様にあたって気持ちよさそうでしょ

4番目の正体

いつも散歩をしてるご夫婦がいらっしゃいます。
最初は大型犬を連れて、そして最近では小型犬を連れて
長男が1歳で引っ越してきた我が家
長男の泣き声も、次男のわめき声も、そして長女の叫び声も知っていらっしゃいます。

我が家の裏側は遊歩道になっていてよく散歩の方が通られます
で、このご夫婦は我が家から
「けーちゃん、けーちゃん」って呼ぶ声が聞こえるので
てっきり頭に「け」のつく名前の「女の子」が生まれたんだろうと思われたようです。

で、たまたま久々に顔を合わせてお話する事ができました。
もともとは子ども達が犬をさわらせていただいたご縁でお知り合いになったんですが
「4番目の子どもさんが・・」の話になって、ままはびっくり
そして、その正体が「オウム」であることにご夫婦が「びっくり」
「だって娘さんも妹さんのように呼んでいらっしゃるから」って
でも、最近我が家の裏の林に大きな鳥がいるのかなぁって思っていらっしゃったようです。
お互い大笑いでご夫婦も「そういえば泣き声が聞こえない、おとなしくていい子だなぁって思っていた」ってご主人が・・

我が家のご近所ではこの少子化の時代、4人、5人と子どもさんのいらっしゃる方がよくいます。
でも4番目の正体が「オウム」とは・・・びっくりされたとおもいますよ

この話を娘のひとっちとしているとひとっちに言われました。
「でもなっ、私の妹がはげのオウムって人聞き悪いわーっ
ケーちゃん早よ、毛、はやしてやーっ」
で、我が家の4番目の娘は相変わらずダンボールかじってました。

4番目の娘は天使になりましたが、今は5番目6番目7番目8番目9番目と・・・
で、やっぱり4番目はケリーなんです(笑)
P1000768.jpg

ケリーのお洋服



ケリーにお洋服を着せた理由
それは「寒いから」です。
風が当たると夏でも震えているケリーには冬の寒さはこたえます。
で、いろいろ考えてニットで筒状に編んで着せました。

変なものを着ているのでサイトでお友達になった方々がケリーにお洋服を作ってくださいました。

でもいただいてから・・
吐き戻しをしたり・・
卵を産んだりでなかなかお召しかえができません。

やっとチャレンジしましたが・・
どーしても嘴が入らない(>_<)
たてにしても・・・横にしても・・斜めにしても・・
で、
無理やり突っ込んで・・危うくままの指が一本なくなりそうでした。
あんまり大きな声だったので・・
ピョンが止まり木から落ちたり・・(>_<)

逃げるし、走るし(珍しいことです)・・・
ちびたちは騒ぐし・・・
しばし我が家はパニック状態・・
で、このままおいておいても仕方ないので、肩紐をゴムに変えました。
406860525_166[1]

だから上の写真はやっとチェックが終わって納得しているケリーです

ままが少し無茶したよねぇ~ごめんねっ^_^;
でもいただいたそのままを着せたかったんだぁ~
だから下嘴「むぎゅう」ってもったんだぁ~
でもあんなにがーがー怒ることないじゃん(>_<)
走って逃げることないじゃん(>_<)
ごめんよ~、ケリーちゃん(^_-)-☆

写真は肩紐をゴムに付け替えたお洋服です
407413433_125[1]


このほかにもたくさん作っていただきました。
そしてそのお洋服は今も大切に残しています。
だってなかなか着せることができなかった。
どこかお出かけするときにって・・
だから普段はままが手作りで作っていました。
クリスマスのサンタさんのような待真っ赤なのも作ったのに・・
それは着せてあげることができませんでした。

今は真っ白な自前のお洋服きてるかなあ~

きたない子

「きたない子やなぁ、こんなん大事にしてもしゃーないやん」

8月のある日、暑い、暑い11時頃ケリーを水浴びさせていたら、犬の散歩をしていた女の人から言われた言葉

女の人が連れていた犬もお尻のほうに一面皮膚病がありました。
今日はとっても暑いのに
足の裏がやけどしそうなのに

ゲージごと水浴びしていたケリーはゲージの水が切れたらすぐに入れようと思ってました。

主人が見かねていいました。
「その犬近づけないで、この子は犬嫌いやし、病気がうつったら困るから」

「こっちが病気になりそうやわ、そんなはげちょろけの鳥なんか
こいつもはよ死んだらいいねん、そしたらもっとかわいい犬が飼えるのに」

悲しそうな目の犬にさすがのケリーも威嚇できなかったようです。
なぜてもらいたそうな犬でしたが、もしも鳥さんに病気がうつったらって思うと手が出ませんでした。

ケリーは超毛引き、もちろん見かけは「きたない」でしょう。
でも心は?
初めて見る女の人、近くに引っ越してきたのかな?

「あの犬病院につれていったらなかわいそうやなぁ」
主人が聞こえよがしに言いました。
ずーっと見ていたケリーちゃんのまん丸目が「かわいそうやなぁ」って言ってるようでした

この夜久々にケリーは耳に「ぴとっ」と引っつきました。
最近しないなあ~と思っていたのに・・
顔を覗き込むと
「あたし・・ここにいていいよねぇ~・・ずっといていいよねぇ~」っていっているような目をして・・
ままの耳はとってもかゆくなってきました。
でも・・・引き離すことはできませんでした。

このお話はおとどしの夏のことです。
ケリーの姿は今はないけど・・
それでも心は今でも一緒です。
CIMG0035.jpg


こたつの中で誰かのズボンに引っ付いているケリー
うーん・・・だれかなぁ~(笑)

毛引きの治療は・・・

さて、ケリーのお話にもどりましょう
ケリーは自虐の癖があります。
お医者さんとも相談してカラーを巻いてあげています。
これはお医者様からアドバイスをうけてままが手作りしました。
クリアファイルを芯にして痛いだろうからうえからキルト芯を巻いて、その上からかわいい布でカバーしました。
そう、まさに「巻いている」状態

もう1ヶ月以上になるでしょうか
ケリーの様子は・・・
とっても元気です。
換羽も始まってます。
皮膚もだいぶきれいになってきました。
でも、まだかゆいところがあればやっちゃいます。
血が出るほどかんだところには一つ一つ消毒してあげます。

でも、これが思わぬ「犠牲者」の出ることに・・・
ちょび噛みのできないケリー
家族にはじめました。ちょび噛みを・・
特に・・主人・・
「かゆいでしょう?かゆいわよねぇ、してあげるから」
って感じで・・
今日も「いたっ、ケーちゃんおとーさんかゆくないの!」って声が・・・
で、ままはって・・
ケリーのようにはいきませんよっ
「はい、メンタム」ってお薬ぐらいは渡しますけど・・
自分でつけりゃぁいいんです。

P1000816.jpg


娘に甘えているケリー
こうしてデレデレ、でれでれしておりました。
夏場は暑いんですが・・・
冬はとってもいい「湯たんぽ」代わりになりました(笑)

1ヶ月半

今日は現在進行形の子のお話です。
アオボウシインコの銀河を迎えて1ヶ月半が立ちました。

最近の銀河
CIMG0020.jpg


こんな状態で誰かいるときはすごしていますが・・
まぁ~「緑の鳥の置物」となっています。

もっと自由にしていいんですがねぇ~(笑)
それでも外に出ていて誰の姿も見えなくなると・・
呼び鳴きをしてくれます。

そしてこんなことも
CIMG0022.jpg


手に乗れるようになりました。

でもまだまだ短時間です。

ある方がショップから迎えたモモイロインコちゃんは獣医さんから
「大きな心の傷があるのでなれるのに時間がかかるだろう」って
フレンドリーな反面しばらくすると人から離れようと暴れたり、噛み付いたりするそうです。
銀河も同じ、しばらくはおとなしいのですが・・
時間がたつとぉ~
暴れだしたり・・
噛みだしたり・・

まぁ~我が家はこんなやつばかりで、ケリーでもなじむまでに相当な時間がかかったので
いまさら気にも留めていませんでしたが
よそのお宅の愛鳥さんのことを聞くと
「ああぁ~やっぱり」と再認識したり・・

家族も銀河と過ごす時間はそれぞれで・・
一番ありがたいのは主人で・・
どんなにうなられようが・・噛み付きそこないをされようが・・
相変わらず・・
「くるか??銀河・・」って腕をだして・・(笑)

からかってスキンシップを取るやつ(次男のヨッシー)とか・・

いくら注意しても間近を通ってゲージに激突される長男とか・・

別に手を伸ばすでもなく、なにをするのでもなく・・
ただ「ぼーっ」と隣に座って同じ時間をすごすやつ(娘のひとっち)とか・・

もちろん家族には口がすっぱくなりすぎるほど「かむで・・」と・・
本当に噛むので、「かまれたぁ~」と騒がないように・・
それでもそれぞれの同じ時間のすごし方を見つけたようです。

で、他の鳥さんの反応もさまざまで・・
いじけるそぶりをみせて気を引くやつ(オカメのピョンとコザクラのさくら)とか・・

もう完全に娘一本に絞ったやつ(オカメのピーチ)とか・・

ここは今までの自分を捨てて甘えたになろうと決めたやつ(オキナインコのおきちゃん)とか・・

銀河は体をさわられることに異常な恐怖を持っているようです。
そしてかきかきもほんの1,2分しかさせてくれません。
それは元の飼い主さんは銀河のほかに4匹の犬を飼っていらしたので、ゲージの外でも安心できる環境ではなかったようで・・

銀河を取り巻く環境が180度変えてあげられたと信じて・・・
もとのボウシインコの陽気な性格が戻ってくるように・・
ケリーのように家の中を自由に歩けるように・・
じっと待ってあげたいと思っています。

銀河は今、家族みんなが自分に寄せる関心を理解しようと努力しているところがあります

毛引きをしていなくても心に大きな傷を持っている子もいます。
我が家の銀河はきっと「飼いにくい子」でしょう。
威嚇をするし、噛むし、フレンドリーな様子を見せていても突然暴れだすし・・
それでもなるべく人間側から強制をしないで
銀河の心がむくまで待ってあげたいと思います。

鳥であっても心を尊重させよう・・って
これはケリーから学んだことです。
そして、少し余裕をもって銀河のことを見てあげられるのも
ケリーのときの体験があるからです。
少し先が見えているから・・
今は私達人間が少し先を知っているから・・
でもそこから先は・・
一緒にいよう・・一緒に暮らそう・・そして一緒に考えよう  銀河・・

かみなりのすごし方

我が家に来て2年目のケリー
最初の年は雷がなるとすごくあわてていました。
前の飼い主さんのところでは我が家に来る前の半年ほどはまったくの1羽で過ごしていたので、きっと恐いことがあったんだと思います。

2年目のこの年初めての雷が鳴ったとき
近くの変電所にも落雷したのでしょう、しばらく停電もありました。
でも、ケリーは落ち着いたもの
そう、みーんないると大丈夫ってわかってきたから
大きな音がしたときはさすがに「びっくり」のお目目をしてましたが、後は「おちついて、落ち着いて・・」
で、ほかの鳥さんも
「ケリーにならえ!!」
ピョンもおきちゃんも「落ち着いて、落ち着いて、でも落ち着かない・・・・」
しずかーに雷雲が通り過ぎるまですごしました。

で、この日一番落ち着かなかったのは・・
主人、あっちへうろうろ、こっちへうろうろ・・・
うろうろしても雷さんはどこかへいかないのにねぇ~

でもねっ、おもしろいんですよーっ
主人がうろうろしても鳥さん達「ちろっ」って見るだけなのに、ままが立つと「じーー」っと目で追ってるんです。
で、また座るといつものポーズで「落ち着いて」・・・
雷の間中立ったり座ったりすると首が伸びたり縮んだりする鳥さん達でした。
CIMG0141.jpg

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。