FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらよっと

これは少し前の動画ですから

ちょーっと下手ですが

くれぐれも・・
あだやおろそかに
まねをしないように

嫌がってまじ噛みされることもありますから

それと長時間仰向けのままだと体に悪いですから
起きるきっかけが必要です・・ハイ


昨日から動画がどうしてもアップできないようです。
ですので写真を変わりに・・・
CIMG0007.jpg
スポンサーサイト

残しておいてあげたいもの

ポーは今日は主人に噛み付きました(笑)

今年ポーは劇的な環境の変化で体の中のリズムがすこし狂っているようです。
それに青森で住んでいたポーは関西の冬は初めてで
日中どうしても薄ら寒くなるので(そんなにがんがん暖房はつけられないのでねぇ~)それにも戸惑っているのでしょう。

ミニ換羽とミニ発情が交代にきているようです。
で・・今はミニ発情

そしてそれでも残しておいてあげたいものはこれ



ポーはキバタンで猛禽類のようにハンティングをする鳥ではありません。
でも野生化では虫や昆虫ぐらいは捕まえるのでしょう。
特に子育ての時期には雛に動物性たんぱく質をあげているのでしょう。

こうして獲物はスリッパですが野生の姿を見せてくれるこの姿が本当にきれいだなと思うんです。

そしてこのごろではほうきでもハンティング遊びができるようになってきましたし

これからは強弱をどんなふうにつけていくかが課題です。

人と生活する上で覚えなくてはいけないルールはあります。
めったやたらに人に噛み付かないとか
突然大声をずーっとずーっと上げ続けないとか(笑)

それでもたまさかこうして野生の姿を残してあげることは大切なんじゃあないかなあ~と思っています。
そしてそれをいつの間にかやらなくなった、おとなしくなったと気がついたとき歳を重ねることになるのでしょう

主人や長男に向かっていく姿は「たくましい男の鳥」(笑)ですし
いい意味でこの姿を残してあげたいんですが・・
今は・・とりあえず・・落ち着いてくれ・・ポー

ぼけオウム

ポーにかまれました。
CIMG0014.jpg

これは片方だけですが、はさむようにかまれたので・・裏側ももちろん
普通の飼い主さんなら
「4ヶ月頑張ったけど・・やっぱり一緒にくらせないわぁ~~」なんでしょうが・・

我が家は「ぼけオウム」 とののしられます。
なにが一番腹が立つかと言えば・・
かまれた理由は
人の右手の親指をスリッパと間違えたこと(ーー;)

まちがうなよぉ~ ぼけぇ~~
大阪弁でののしると
「どこに めぇ~つけとんねん めぇ~かんでしねぇ~~」と・・(苦笑)

ただ、この後がいままでと違うところ・・
あんまり腹がたつので軽く足でおっぱらおうとぉ~
足に攻撃してこない(・o・)
で、叱られてもゲージに入れられると・・
だまーーってゲージの奥でじーっと(・o・)

あららっ・・
いままでだったら、いえついこの間までは
叱られたことに怒っていたんですが・・
ゲージに入れると大声でわめいていた子が・・アらら

まあ~見たくないでしょうが・・
昨日の夕方かまれて、今朝の指です。
えっ・・ほーたいもバンドエイドもなしってお思いでしょうが
ままは「水ばんそうこ」の愛用者ですので
傷口を洗って、なるべく殺菌力の強い水ばんそうこを小山のように塗り固めました
ただ、かまれて切れた傷よりもドアにはさんだときのようにいたーい(>_<)

オウムは噛みます。
発情の時期にイライラして噛むこともあります。
で今回のように早く遊びたくて間違えて・・ってこともあります。
でも噛むことは普通なんですが・・
やっぱりコンパニオンとして一緒に暮らすのなら「我慢」を覚えることも大切です。
ケリーのように「がっ」と噛みかけたけど・・途中で力が緩むことも大切だと思っています。
その意味ではポーはまだまだまだまだ修行中の身です(笑)

夕食の用意をしていたときなので・・
お箸を持つのに苦労しました。
で・・このとき銀河がすごーく怒って・・
えっ・・なんていったのかって
「なにしてんのよーっご飯もらえなかったらどーすんのよーっ」とままには聞こえたんですが・・

何しろボウシインコは食いしん坊ですからねぇ~


追加
これは昨日の夕食の前のお話
さっき傷口みたらまだ血がにじんでいます。
このサイトをみて「かわいいなぁ~オウムいいなぁ~キバタンいいなぁ~」と思っている方々
かたやおろそかに一緒に暮らそうなどと思わないことです。(苦笑)
とにかく今回はスリッパに噛み付く本気モードでしたから
痛みが脳天まできました(苦笑)

心の成長

「インコのしつけ教室」という本がずーっとほしいなぁ~と思っていました。
たまたま昨日本屋さんで見つけたので早速購入して
「ポーに役立つかしら」と読んでいましたが・・

うんうん、最近のポーや銀河にはこれから役立ちそう
今すぐ役立つのはオカメのピョンとピーチ、そしてさくら

でおきちゃんは・・まだまだ不思議でよーわからんところが・・あります。

とってもいい本です、でもトラウマを持っている子には・・どうかな??
ケリーも、ポーも銀河も思いますが、トラウマを持っている子は過去も現代も未来も今の飼い主が背負ってあげないといけないとおもうから・・
過去をどう清算してあげるか・・が一番ポイントかなあ~
ポーのように過去がよく解らない子の過去をどう解読するか・・が難しいと思います。

ところで・・
ポーは最近「野良オウム」中です。
さすがに留守時や就寝時はゲージに押し込みますが
昼間ままがいるとほとんどゲージは開けっ放し・・
自由にうろうろさせています。
CIMG0040.jpg
こんな感じで・・

で、一番成長したこと・・
それは「あまがみ」ができるようなったこと
そして「急襲い」がなくなったこと
行くときは両羽をうーーんって伸ばして「いくよーっ」って合図をします。
何度もアクションをおこしているのに気がつかないと・・
もちろん「ガツン」ときますが
それでもずいぶん回数が減りました。

それと「かんだらダメ」にすぐ反応できるようになったこと
すこーし我慢ができるようになりました。

少しの成長
でも心が成長しているのは本当にうれしいことです。

本当はこういう飼い方は良くないんでしょうが
普通でない体験をしてきたポーです。
自由の中に約束があることを学んでほしいと思っています。

身も心も羽もぼろぼろでやってきたオウムは
皆さんのおかげで体も心もぴかぴかになれそうです。

それでは・・こちらも・・

それでは・・こちらも


そしてもう一発
CIMG0131.jpg

銀河は今年3月にお迎えしました。
恐がりで、手に乗せてもまずうなるので(笑)
まあ~少しずつ・・と思っていたら・・手のかかるポーがきました。
ゲージが好きで、ゲージの中にいると落ち着ける子ですが・・・

ポーの短期間の変身ぶりをみて
最近急に変化が見えていました。

動画は昼間、パソコンで仕事している私のひざの上でかきかき(笑)
写真は夜娘のひざの上で・・うろうろ

で・・このときポーは??
CIMG0127.jpg
すこしタイムラグがありますが
こんな感じでいい子ちゃん
ポーの偉いところは自分が一番どんべだと解っていること
小さい子のゲージにのぼるとだめって教えると絶対登りません。

で、ちゃんと銀河にも敬意を表している(笑)
次は
右のひざにポー、左のひざに銀河を乗せること・・です

その後のおきちゃん

その後のおきちゃん


さくら・・ここかいて?

えっ、みんなみてんでーっ
カメラもあんでーっ

うん・・もうええ・・見たいやつはみー
撮りたいやつは撮ったらええ
もうはじけるから・・

と言ったかどうか(笑)
だんだん大胆になる2羽(笑)
そして
ポー効果がどんどん広がっていく・・・かも・・・(笑)

不思議なゲーム光景

あんまり長い時間あかんでーっ
CIMG0124.jpg

息子「うん」

ポー「ポー」

ん??? まぁ~ええかぁ~

オウム、いやポーはゲームが好きです。
ゲームをしている息子の腕にしょっちゅう止まっては
「みえへんやろーっ」って叱られています。

それは
「これかわいい??こっちがええかなあ~」
って娘にファッション雑誌を見せられて
「キュー クルルルゥ」って返事している銀河と同じです。

何か次男と娘の間にもう一人娘がいて

娘の下にちいさい男の子がいるような錯覚をします(笑)

えっ、なんでかって
だって娘とののしりあいの口げんかをしているポーをいさめている銀河の姿を毎日見ていれば・・

オウムと大型インコは口げんかとそのけんかの仲裁もできるんです。

ポー 足 振ろう


ポー 足振ろう
感謝をこめて足 振ろう

君を救ってくれた人に
君の事を心配している、君ががぶりしたおにいちゃんに

感謝をこめて足 振ろう

やっぱり毎日叱られてるけど・・
元気だよ~~って
足 振ろう

おにいちゃんは
君にかまれても
君が新しい家族の人のところへ旅立った後も
そして居所がわからなくなったときも
突然オークションに出たときも
ままのところへ来た時も
ずっとずーっと心配していてくれたんだよ

だからお兄ちゃんに足 振ろう
そしておにいちゃんと一緒にいるあの子にも足振ろう
君に優しくハミハミしてくれた・・
優しいあの子に足 ふろう

君の事を知らせてくれたあの人にも
君の事をずっとずーっと見守ってくれている人たちにも
感謝をこめて足 振ろう

そして今度は
いつかは大きな声で一緒に言おう
「ありがとーっ」って

だから・・今は・・足ふりまーす。

無視するな!!

ポーは当初から見るとずいぶんおとなしくなりました。
でもたった一つ困ったことが・・
それは大声を上げること。

特に「ポーちゃん、ポーちゃん」って呼ばれているときに生返事だけしていると・・
「ギャーギャー」鳴いていつまでもおさまりません。
それはひょっとすると
「無視するなー」
って言ってるのかも・・・

いままでもお家でひょっとするとずーっと「無視」されてきたと思っているのかな
自分に感心を向けてもらうようにずーっと、ずーっとわめき声を上げていた。

だからちゃんと感心を持ってもらってる(いやあ~飼い主はそう思ってますが)今でも
やっぱり呼んできてくれないと・・
「無視するなー」
って

ゲージの外に出していても姿が見えなくなると
「こらー かーちゃん どこいったー でてこい!!」って

「何でオウムにそこまでいわれなあかんの」って腹たちますが・・

そう考えると・・・ムムムム・・・

かーちゃん怒ってばっかりだけど・・
これでも君のこと大切に思っているんだよ・・ポー



動画はポーが足の甲に乗っているのでダンベル代わりに上げ下げしてます。
結構集中しないと・・
不満をいって かぷっ するダンベルですから(苦笑)
なんだかんだいってもこんなときは子猫っぽいです。
じゃれて、遊んでもらって、かきかきしてもらう・・・
白色オウムとは子犬と子猫の性格を併せ持っていて・・
あるときはドーベルマンかライオンのように獰猛になる生き物・・・だと思います。

甘え方しらず・・・

肩に乗るようになったおきちゃんですが・・
どんなふうに甘えたらいいか・・
解らないようです。

で・・どうするか・・

私の肩に乗ったあやつは・・
きっとさくらもこうしているんだろう・・と思ったのか
ほっぺたを思いっきり嘴ではさみます(>_<)

おきちゃんの嘴は上が半分ないので
上も下もまっすぐ・・なんです。
だから「噛む」ではなく「はさむ」

まるで石臼でひかれるような・・
そんな感じで  とっても「いたい」

おまけに今朝なんて
なにげに振り向いた瞬間
鼻をはさまれて
これは本当に・・恥も外聞もなく
「いたいやろー」
と思わず大声で・・

するとポーが言いました。
「あかんでーっ」って

次はさくらがおきちゃんに教えてほしいものです。
由緒正しい飼い鳥の甘え方を・・・
CIMG0071.jpg

苦節3年

オキナインコのおきちゃんは3年前にショップから引き取りました。
ショップの片隅でそれまでずいぶんいやなことがあったのでしょう。
人が近づくと「キーキー」と大きな威嚇の声をあげる子でした。
先住のセキセイを虹の国に送って
ケリーもオカメのピョンも寂しそうで・・
一番寂しかったのはままで・・
値切って、値切って・・
オキナインコの値段とは思えないぐらいの価格で購入しました。
それでも手を焼いていたのか
ショップの人は「ホッ」とした顔をしていたのを覚えています。

外に出て、止まり木に止まっておいしい物をもらうのに2年かかりました。
途中事故で上嘴の半分をなくしましたが
それでもあきらめずに・・
そして今年コザクラのさくらを迎えて
この子の鳥生がずいぶん変わりました。
さくらに毛づくろいしてもらったり
さくらにご飯を上げたり・・
寂しいおきちゃんがずいぶん楽しげに過ごしていました。

そしてついにこの連休中、おきちゃんはさくらに誘われてままの肩に止まりました。
いままで何度も何度もさくらは誘っていたようです。
それでもなかなか決心がつかなかったのか・・
昨日はポーと銀河に枝豆をあげながら、さくらとおきちゃんにも食べさせていました。
さくらがずーっと手元に止まってくるのに誘われて
ずいぶん躊躇しながら・・
それでもおっかなびっくり・・
止まってきました。
止まりながらままの顔を思いっきり引っ張るのは・・
勘弁ですが(苦笑)
それでも何度も、何度も止まりに来ました。

小さい子4羽は手からご飯をもらえればあとは鳥さんの気持ちに任せています。
しいて毎日何かの訓練をしているわけでもなく
それぞれ好きなように・・
特におきちゃんには本当に好きなように、そして楽しくあればいいなあ~と
ただ、本当に「苦節3年」
いろいろあったけど、よかったねぇ~って
そして、ケリーが逝ってしまって寂しくて、寂しくていただいたさくらですが
もっと寂しかったおきちゃんの心まで癒してくれました。
さくらは本当に天のケリーが送ってくれた子かもしれません。

おきちゃんは荒鳥の中の荒鳥です(苦笑)
どんなショップだとお思いでしょうが、本当に片隅のそのまた片隅に追いやられて
きっとお客さんからもゲージをバンバンたたかれたことがあるのでしょう。
だから今荒鳥がいるとおっしゃる方も決してあきらめないでください。
そして決して無理強いしてあげないでください。
荒鳥になったのには理由があります。
おきちゃんのようにまた一緒にくらそうかなあ~と思うまで
もう少し待ってあげてください。
きっと・・きっとそう思ってくれる日が来ると私は信じています。
CIMG0026.jpg

素手で・・

4ヶ月前にきたオウムは
CIMG0076.jpg
こんな格好をして
一日中大暴れしていましたが・・
今では



こんな感じで甘えたになってしまいました。

私は基本どんなにかまれても素手でさわります。
頭をカキカキするときも
爪を切るときも
嘴をこしこし磨くときも
大抵素手です。

もちろんかまれるととっても痛いですが・・
手の優しさを感じ取ってほしいなぁ~と思っています。

ポーの甘えたに釣られて、銀河も最近はすねたり怒ったりするしぐさをするようになりました。

そして、その銀河をかばう娘と銀河に嫉妬して意地悪するポー
少しすねるポー

休日は人間と鳥が入り乱れて
本当にややこしいですが・・
いろんな感情が入り乱れて
暮らしていくのも家族ではないかと思います。

思いのほか早かったポーの成長
もっともっと潜在したポーのいいとろこを出してあげれるように
銀河がもっともっと素直に自分を出せるように
家族の時間を積み重ねてあげたいと思います。
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。