FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ももひきとレッグウォーマー

ももひきをはいているのは・・
こちら
CIMG0013.jpg

銀河のあんよ
もふもふで・・
あの下にほそーーいあんよがあるなんて信じられません

こっちはどちらかというとタイツかなぁ~~
CIMG0012.jpg

おきちゃんのあんよ
さくらもオカメーズもどちからというとタイツタイプですねぇ~~

で・・娘が発見して大笑いなのがこちら

CIMG0008.jpg

ポーのあんよ

「ポーゆうたらレッグウォーマーでごまかしてるけど半分ちぎってるやん」って

本当はもふもふのももひきをはいているはずですが・・・

いまのところ半分だけのレッグウォーマー(爆笑)

ポーよ、次はやぶらんといてよぉ~~
スポンサーサイト

ぼやきのおっちゃん

昔、漫才で流行歌をネタにぼやき漫才をしていた人がいました。
よく「ぼやきのおっちゃん」って・・笑っていましたけど・・

先日なにげにつるの剛士がカバーしている「M」をかけていました。
ポーは最近お気に入りのこの場所
CIMG0279.jpg

♪いつもいっしょにいたかった♪
「なーにゆーとんねん」
「えっ、えっ」


♪となりでわらってたかった♪
「なんやてーっ えーっ」

これって・・もちろん・・ポーが愚痴ってるんですよ
それもちゃんと歌詞とあってるしぃ~~(爆笑)

この後もなにやらわけのわからないことをぶちぶちぶちぶち・・・

どうやらポーはバラードが嫌いなようで・・
それも別れのバラードが(苦笑)

主人が聞きつけて
「ポーちゃん、なにゆーてるの??人生いろいろあるねんでーっ」って(苦笑)
鳥に鳥生とくのもなんなんですが・・・

あんまりぶちぶち言うので・・・
ままは言いました
「ポーちゃん、ポーちゃんはずーっとかーちゃんと一緒にいてくれるやろぅ。いつもやでぇ~~」って

するとじーっと顔を見て・・
大きくうんうんってうなづきました(笑)

この後ためしに「コンチネンタル・タンゴ」をかけるとご機嫌で頭振りながら左右にステップを踏んでいました(爆笑)

それにしても・・ポーは・・最近空恐ろしくなるときがあります
なにしろその場面にあった言葉がドンピシャで出てきますから(笑)
ばかっぽいときもあるんですが・・ねぇ~~

病院にて・・・・

またまたポーの爆笑語録です。
つい子の間のこと、しばらく寒かったのでちーーっとポーのおなかが
ピッコロー
でしたので病院に連れて行きました。

結果はすごく軽くて投薬もいらないぐらいでしたが・・
そのときの話(>_<)

待合室で待っていると・・
カップルでフォレットをつれてきました。
ゲージに入れずに・・抱っこして

そのとき待合は・・
時々見る恐がりのわんちゃんと・・
小さなチワワちゃんをつれた方

で・・ポーと・・フォレット・・
ポーはやっと買ったリュック型のキャリーで・・
新しく出たもので、ハード型ではないけど・・我が家にはとっても便利です

に入って、もちろん中から外は見えます

すると突然フォレットが「くんくん」しながらキャリーに近づいて・・
あっというまにファスナーに噛み付きました
すると・・そう・・期待通り中から・・
「こらーっ なにするんじゃー」

フォレット君、噛み付いたまま凍りつきました
飼い主のカップル・・いや、バカップルも
恐がりのワンちゃんも・・チワワちゃんも・・受付の方も・・
そのときちょうど入りかけていた患者さんの飼い主さんも・・
そして診察室の中でワンワン聞こえていた声もやんで
「しーーん」
と深海の底の底のように・・・

中からみてまだ引っ付いている子にもう一発来ました。
「なにしとるゆーとるやろーっ」

ポーの声ってすっごく大きいんですよ・・
絶叫すると耳がわれそうになるぐらい

この瞬間、恐がりのわんちゃんは・・おしっこおもらししました。
で・・出口にすっ飛んでいました・・開かないけど・・

きっとこれ以上黙ってるともう一発くるので・・
思わず言いました。
「すいません、離してくれません、このキャリー3万以上するんですよ、大型鳥専用の特殊なものですから」って
すると男性のほうが
「えっ・・3万以上ですか??」って
で・・・
「はい、それにこの子(ポー)気が荒いのでもう一発きますし・・下手するとかみ殺すかも・・・オウムですけどね」と・・

すぐにフォレットを離してくれましたが・・
そのとき一斉に診察室の扉が開いて・・
診察を受けていたワンちゃんが・・前足突っ張って出てこないんですよ(爆笑)

で・・おもらししたワンちゃんの飼い主さんが、おじさんなんですが・・
「時々お会いしますが、ますます磨きがかかってきますなぁ~
いゃあ~~次お会いするのがたのしみやーっ」と(爆笑)

院長先生が顔をだして・・
ポーを見て・・
「ニヤッ」と笑いました。

ハァ~~~
帰りには受付のかわいいおねーさんナンパして・・
鳥の先生に笑われて・・
フォレットのカップルには視線そらされ・・
チワワちゃんの飼い主は満面の笑みでしたが、チワワちゃんはとうとう飼い主さんの洋服から顔を出してもらえず・・
ハァ~~~~ハァ~~~

ポーは言葉の使い方を理解しているようです。
オウムはみんながみんな言葉が達者でフレンドリーでかわいい・・・とはいきません。
それにポーについて言えば・・我が家に来る前に叱られぱなしで・・・
怒る言葉は本当に豊かに持っています。

そうなんです・・・オウムは・・いえいえ言葉をしゃべる鳥は
覚えてほしい言葉はさっぱりですが・・・
いけない言葉はすぐ覚えます

特に日常会話は・・

家庭訪問、オウムがいる場合

我が家のポーは結構ことばが達者です。
我が家は関西人家族なのでもちろんみんな関西弁
それをポーも結構上手に使います。

さて娘の家庭訪問のあった日
あれだけ言い聞かせたのに・・

先生がこられてあいさつをしてすぐに
「こらーっどこいったんじゃー」と・・

1回めは先生も聞き逃していましたが・・

次も
「どこじゃーっ こらーっ」と・・

いったのは・・もちろんポーです。

さすが先生もお尻がそわそわしてきて
「あのぉ~~」と・・
で・・
「先生、2階に昼間から酒のんでくだまいてるおっさんかくしていませんから」(爆笑)

「オウムなんですよ、オウム」と・・
でもどーしても信用できなさそうな顔つきなので・・
2階に上がってもらいました、証明のために・・

扉を開けて先生の顔をみるやいなや・・
「だれや」(爆笑)
まぁ~使い方はあってますけど・・

先生ちゃんと顔もあげず思わず
「○○中学の××です、始めまして」(オウムにあいさつすな(;一_一))
するとポーは
「コンニチワー ポーちゃん」と(爆笑)
すると 先生も思わず
「最近どーですか??」と・・・
鳥に聞くかぁ~~

で・・銀河にも
「そちらの方は」と・・
鳥に向かってではない(;一_一)

もうそうそうに1階に降りてもらいましたが・・

開口一番「賢いですねえ~~」(爆笑)

昨年の家庭訪問の時期にはポーがいなかったのでそこそこ覚悟はしていましたが・・
「だれや」とはねぇ~~(爆笑)

懇談もあんたらがいったらええねん・・なぁ~~

毛引きのわけ

鳥さんの毛引きの理由はいろいろです。
生活環境の変化についていけない子、相方がいなくなって寂しい子
でもポーの毛引きのわけは・・・

昨日はどうしても仕事ができて夕方から2時間ほど出かけました。

もちろん、いつものようにポーをゲージに入れて・・・
でも帰ってきたら・・2枚羽を引っこ抜いていました。

いつもと違うところ・・
それは・・出かけるまえ甘えたが充分でなかったこと・・
これから・・っていうときに
どーしても出かけなればいけなかったこと・・

ポーの毛引きのわけ・・
それは「甘えたすぎ」なのかもしれないと思いました。

ポーはひょっとするとケリーばりに・・
いえ、ケリー以上に甘えたなのかもしれません。

帰ってきてすぐにご飯の用意をして・・
ご飯を食べさせたあと・・
ポーはずーーっと手の中に顔をうずめていました。

それは
「いやだよぉ~ いやだよぉ~ いっちゃあ~いやだよぉ~」っていってるように

一生懸命早く帰ろうって思って・・
一生懸命頑張ったのに・・
2枚も抜かれてて
ちょっとがっかり・・・(>_<)

で・・いやだよぉ~ってされて・・
わるかったなぁ~~って罪悪感いっぱい(>_<)

すっごい甘えただと核心したけど・・
これからポーのとの距離はどーすればいいのか
少し迷っています。

この甘えた度は一時的なものなのか・・
だったら一時をすぎれば毛引きもよくなるはずですが・・

ねぇ~

夜もままが寝るまでに何度もゲージをのぞくと
不思議に抜き毛はゼロですが・・

おとなしいからってそのまま寝ると・・
何枚か必ず落ちています。

うーん・・うーん・・
見極めがむずかしいぞぉ~~

暴れん坊オウムはどうなっているか??

我が家の暴れん坊オウム、ポーはどうなっているか??

ずいぶんおとなしく??
うーん別の意味で扱いやすくなってきています。
まずこの動画をどうぞ・・
スリッパキャッチ

[広告] アクセス解析

スリッパを投げさせられています。
で・・ポーはちゃんと見てキャッチして・・投げ返しているんですよ(今パソコンのそばで始めました 笑)

これでポーは「いたい=いたい」を覚えて
人を見ることを覚えました。

まず、この動画をみてオウムの飼育に関してはベテランの方
「何をさせているんだ、これは本来のオウムの姿ではない」とおもっていらっしゃるでしょう
そのとおりです

で、まだまだオウムと一緒に暮らし始めて日が浅い方
「うちの子もできるかしら??」
ポーが特異だとおもいます。
普通はこんなことはしないのでは??

そしてオウムと一緒に暮らしたことも、飼育したこともない方、オウムをよく知らない方
「へーこんなことができるなんて面白い」
いえいえ、オウムとは凶暴で危険な生き物でもあります。
飼い主はいろいろ痛い目にあって、やっとここまでになりました。


ポーはご承知のようにいままであまりしつけというものがなされていない子です。
もちろんステップアップなんて夢のまた夢で・・
人が近づいただけでもすごい勢いで「ガツン」と攻撃を仕掛けてきました。

でこの子の一番気になるのがスリッパ
よくスリッパを襲って、足まで噛まれていたい思いをしています。
だから仕方がないから、飼い主家族は自分の足を守るためにスリッパを遠くに投げて、
つまり・・・ポーから逃げた(苦笑)

でもこれが良かったのか、悪かったのか・・・
最初はスリッパを襲って、投げていただけが・・
そのうちに投げ返しを求めて・・・
投げられたスリッパを追うようになって・・
それを飼い主に正確に投げ返そう・・・とオウムが思うなんて・・・(苦笑)

投げ返してもらうためには
「止まれ」の合図を覚えて・・・
「待て」も覚えて・・・
しっかり飼い主の目を見るようになって・・
準備をして・・
で・・飼い主がどこにいるか確認して・・投げ返す・・ことを覚えました。

これは日常の生活のなかで・・
人がどうしているのかポーが観察できるようになって・・
人がどこへ行くのか、何をするのか確認できるようになって・・
むやみな攻撃がずいぶん・・いいえまったくといっていいほどなくなってきました。

オウムも訓練もどきをすればちゃんといろいろなことを理解できるようになります。

ただ・・今一番悲しいのはねっ

スリッパを選ぶとき・・
柄なんかではなく
手で重さを計って買うこと・・・
あんまり軽すぎるとポーが怒るんですよ・・

で・・・
ポーにあげるものでも
一度ははいて・・襲わせること・・
その役は・・
とーぜん・・・・・・・

命というもの

我が家の次男は今北海道の牧場で働いています。
自分から望んで農業高校の畜産科に入って、自分でネットで牧場を見つけて就職しました。

その高校時代のお話をひとつ
畜産科ですから肉牛、豚、ニワトリ、乳牛と4タイプに分かれます。
1年生のときにはそのニワトリを雛からひとり1羽育てて、若鳥で自分で解体して持って帰ってきました。
ニワトリ、1羽ですがこの命の重み・・・重たかったです
だから肉も、皮も、骨も残さず大切に食べさせてもらいました。

そのときに息子と話しました。
「かーちゃんはどんな家畜でも生産家畜とは見れないから・・」と

すると息子は
「割り切るところは割りきらな・・・でも感謝は忘れてない」と・・

息子の働いている牧場は乳牛です。
でも年がいって子供が産めなくなった子は当然肉牛として出荷されます。

そして・・我が家も大切にしているペットの死を見ています。
老衰だったハムスター・・
病気で治療の甲斐もなかった子・・
そしてケリーの突然の死・・

その死を見るから命の大切さが今以上に理解できることもあるのではないでしょうか
子供に死を見せないから・・
簡単に人を傷つけるのではないでしょうか

息子は死の重さと命の大切さをわかって
今日も元気で働いているでしょう。

残酷だと思われる方もいらっしゃると思いますが
スーパーでバックに入っている肉も魚も
元は命があったんだということを・・・
そしてその命を食べなければ人は生きていけないんだということを
感じることが命を大切にできることなのではないかなぁ~と思います。
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。