FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家のおもちゃ事情

さて、毛引きのポーがいる我が家
ほかにコザクラのさくらもおきちゃんもオカメーズもそして銀河もいますからおもちゃはどうしても・・お金がかかります。

で・・必然的に手作りになりますが・・
こんなもので・・

手作りをします

これ某ホームセンターの廃材売り場で一袋つめ放題で380円
CIMG0098.jpg

ケリーのときからお得意様でしたが
しばらく足が遠のいていました。
まっ、理由は後日として・・

ケリーのときはなるべく齧りがいのあるごっつい廃材ばかりをえらんでいしまたが
ポーはなるべく薄くて、齧りやすく、達成感のあるものばかり(笑)
ぱんぱんにいれると結構ですよ

で・・それをこんな感じに
CIMG0097.jpg

ビーズと、食品トレー、アイスの棒なんかに穴を開けて針金に通します

見本はネット販売の鳥さんのおもちゃ
投資もいろいろしていますが、ネットを見ながら「は はぁ~ん、なるほど・・」と参考にするようにしています。
ポーは嘴の力が強いので針金も18番のごっついので
この針金・・なかなかまがらないんですよねえ~~
道具は電動ドリルは必ず必要だと思いますが
後は目打ち、ペンチなど普通に家庭においているもので充分

上の写真にプラス5個ほど作ってこれで1週間もってくれればいいなぁ~とは母の願いで・・
実際は
CIMG0095.jpg

こんな感じですから(苦笑)

ものの2日ももってくれればおんのじかなあ~~

あとは裏の遊歩道や庭にちょこーーっとあるどんぐりを青いうちにとって穴をあけておくとか・・
まつぼっくりをどっさり拾っておくとか・・
これからの時期、主人が率先してもらってくるうちわ(爆笑)とか
毎日のようにたまるペットボトルのふたにせっせと穴をあけるとか・・
たまたま見つけたふるそーなお店でうってた竹の皮だとか・・
(この竹の皮、案外さくら達に人気なんですよ)
をそれぞれランダムにつなげて、チェーンに一番太いリングでつけてぶら下げておきます

廃材は鼻につくような臭いのするものもあります
そんなのは買うときになるべくよけるようにはしますが・・
ただ・・一個一個臭いをかいでいたら・・きっと変な顔をされて・・・・
スポンサーサイト

鳥さんをお部屋に出すとき

鳥さんをお部屋で遊ばせるとき、どうしていますか??

我が家ではケリーのいたときには大から小まで同時に放鳥できました。
ケリーはご飯を食べたら誰かのひざにどっかとおさまるともうなにも目に入らなかったし・・・

でも今はポーや銀河、そして一番問題のコザクラのさくらがいますから(笑)
おきちゃん、さくら、ピョン、ピーチの4羽が朝一番で外に出て、この子たちを入れないと銀河やポーが外に出ることができません。

それに今、ポーが銀河の隣にいこう・・いこう・・としてますから、この2羽を外に出したまま誰もいなくなることはできません。

その上さくらが別名「ちょろQ」と呼ばれているほど好奇心旺盛で、銀河やポーの背中にのったり、ゲージの外から餌箱に首を突っ込んだり・・本当に目が離せません(苦笑)

だから視線から消えると外にでる心配よりも「どこでなにしてる??」って心配が先にたって、すぐに「さくらーっ」って大声で呼んでいます

自分のおうちにいる鳥さんたちは家族の人たちが一番よく知っているのではないかなあ~と思います。
我が家でも鳥を飼育することが「趣味」といわれればそれまでですが、ポーや銀河、そしておきちゃんは決して趣味の領域では一緒にくらすことができないと思います。
皆さんのお宅でもこころが疲れている子、体に傷害を持っている子、いろいろな鳥さんを飼っていらっしゃるとおもいますが・・

たまには、危険なことがあるかもしれません。
「近くにいたから大事にならなかった・・あぁぁ~よかった」と思うことが一度や二度はあったのではないでしょうか。
まったくの無事故を望むのなら、ケージから外に出さないことを選ぶのが一番だと思います。

無事故は当たり前かもしれませんが、いかに注意をむけているか・・
いかに感心を寄せているかが鳥さんと暮す秘訣なのではないかと思います。

毛引きは薄毛??

我が家で引き取った白色の子は2羽ともひどい毛引き症です。
ケリーはそれに栄養不足も重なってずいぶんひどい状態でした。
とにかく、サイトでお知り合いになった方々を見習って
鳥が食べてもいい栄養のある物
動物性たんぱく質や野菜、果物をふんだんに食べさせていました。

ポーはキバタンの体型としては標準型ということですが
こちらももちろん食べるものには充分気をつけているつもりです。

ただ、私は毛引きの子を2羽しか見ていないですが
この2羽に共通して言えることは頭や顔の毛も薄いこと
そして、栄養状態や精神的なものが充実してくると爆発的に毛が生えてくることです。


換羽とは換わる羽ですので、当然抜ける毛がありますが
ポーの場合顔や頭は抜けるものよりもはえてくる割合がずーっとおおくなっています。

これはケリーにもいえたことで
よく娘が顔をかきかきしていてあたらしい根元が出ているところを見つけては
「きもちわるーっ」と・・(>_<)

で・・体のほうはというと・・

自分で抜いてしまったところは毛根がなくなって
次にはえるときはなんにもないところに突然プツッと毛根が浮き上がってきます。

白色で完品な子(毛引きのない子)の毛の中までみたことがないので一概にいえませんし、種類と生息地が違うのでくらべるのもなんですが、ボウシインコの銀河と比べてもポーは薄毛で
綿毛もうーーんと少なめ・・

人で言うと・・リアップがほしいかなぁ~と(爆笑)

とにかく今の時点では病気を疑うような怪しい羽はひとつもなく
これはもう毛引きのなにものでもないでしょうし
換羽ではえている羽は立派な太いものがどんどん出てきています。

毛引きも短期間なら薄毛を伴うことがないでしょうし・・
長い期間になるといろいろなところに弊害が出てくるようですねぇ~~

さて、ある方から毛びき湿度に関係あるのではないと教えていただいて、霧吹きでプチ水浴びを十全しまていますが、
今のところ齧ることはあっても抜くことは少なくなって
とりあえず無事な羽を多数見ることができます。
とうぞこのまま次のシーズンを迎えることができると・・
少し期待できるんですが・・ねえ~~
CIMG0076.jpg

さすが1年

ポーを迎えてもうすぐ1年
最近思うことは「さすが1年」(笑)
なんとかちょーっとなら人様の前に出せるようになって来ましたし
ガツンもずいぶん少なくなってきて
案外?安心できるようになりました。

ケリーのときはちょうど1年目に無性卵1個産みましたし
1年というのは新しい飼い主にも家にもなじんで
食事の改善がちょうど体中にいきわたって
気力、体力ともに充実してくる時期なんでしょうねぇ~~

激しい子はそれなりに・・
おとなしい子も自分の主張が出せるようになってきて
1年たつとこの子達がいるのが普通・・
いないことなんて考えられなくなってきます

本当に1年、我慢してあげてください
ケリーのときはなんだかわからないままに1年がすぎて・・
いつのまにか「あらっ」って感じでしたが・・
今度は自信をもって・・
「目安は1年」といえます

毛引き対策が遅れたわけ

ポーの毛引き対策が遅れたわけ・・
それは毛引きよりも深刻なポーの成育歴にありました。
ご存知のようにポーは我が家にくる前あちらこちらを転々としてきました。
もちろんレスキューされた方のお宅では本当に大切にされましたが
その前後は・・・
我が家に来たときにはとんでもない子が出来上がっていました。

この日記の中でもうそ偽りなくお伝えしてきたつもりですが・・
実際はそれよりも本当に深刻で・・
とにかく見かけよりも内面・・
心の中をどうにかしてあげないとどうにもこうにもならないような状態でした。

人が普通に歩いているだけでも襲われる・・・
スリッパ飛ばしのためにしていた囲いも
実はポーがのびのびと遊べるための空間と・・
人が安心して歩ける空間を同時に作るためで・・
こればっかりは時間をかけて解決しないとどうにもこうにもならないものでした。

ですからケリーが着ていてベストだとか・・カラーなんて問題外(苦笑)
本当に5分もしないうちにぼろぼろにされて
その腹いせがまた人に向かってくる・・という始末で(-"-)
それでもその時期になると立派な羽の根元が出てくることが確認できましたし
病院の先生からもとにかくあせらないでじっくり構えた方がいいだろうと・・

それも今は遠い昔の笑い話のようで
最近ではままが呼ぶと誰がそばにいようと一目散に駆け寄ってきてくれますし・・
最近では柵がなくても安全に遊べるようになって来ました。

そりゃあ~まあ~夢中になると前後の見境がなくなるという欠点はありますが・・
それも1ヶ月に1回あるか・・ないか・・うーんあるかなぁ~~(笑)
これでやっと毛引き対策にかかれるようになって

まぁ~1年や2年では綺麗な姿を取り戻すことはできないでしょうが・・
できるだけ普通のキバタンに近づけるように・・
急がずにやってあげたいと思います。

換羽

小さい子たちの換羽が終わったら、今度は銀河とポーの換羽が始まりました。

銀河は適当に自分でするのであまりかまわないですが
頭の筆毛がたまってくるとままは一大決心をしてほぐしにかかります。

腕まくりをしてタオルを準備して・・・
部屋の隅に追い詰めてとっつかえて筆毛をほぐほぐするのですが・・
「ガルルルルルぅぅ」ってうなるわりには結構気持ちよさげな表情をするんですよ
で、この機会に全身をさわって異常がないか確認するのも大切なことで
まっ、ストレスがたまるので2週間に1回ぐらいでしょうねぇ~~


で、ポーの場合は・・
こっちはどんどんかゆいところを擦り付けてきて
「あそこかけぇ~~ここかけぇ~~」とおねだりを始めます。
昨日なんて羽上げて催促して・・
そのあと足あげて・・(ーー;)
「そこまでせーへん」ってぷいってするとあきらめましたが・・・(爆笑)

で・・換羽ではありませんが・・時期はずれの鼻炎がままに(>_<)
鼻はそれほどひどくはありませんが、目がかゆくて、耳のなかやらのどのおくまでかゆくてかゆくて・・・(苦笑)
こうなると換羽でかゆい銀河やポーの気持ちがよくわかったりして・・
とにかく梅雨が始まると治まるので・・もう少しの我慢かなぁ~~
それともあやつらの一体物でふわふわ飛んでいる属名「ケサランパサラン」のせいかなあ~~(笑)

ところで足上げてかきかきをねだったポーは・・
いったいどこをかいてほしかったのかなぁ~~(笑)
いまだになぞです

手量り

手で物の重さを量ることってありますよねぇ~
大抵、お野菜
それもキャベツ丸ごと買うときとか・・
はくさい丸ごと買うときとか・・

でも私はそれ以外に量るものがあります

それは・・・
それは・・
スリッパ

100円ショップのスリッパ売り場の前で片手に乗せてヒョイヒョイって重さを量って・・
で・・
かかとを持って・・投げ具合を確かめて・・(爆笑)

先日もこうしてスリッパを選んでいると・・
隣で上品そうな初老のご婦人が・・
不思議そうな顔してじーっと

でも・・本当に上品な方だったらしく・・
「あんた、なにしてまんねん」とも聞かれずにすみましたが(苦笑)
思わず視線を感じて、あわててスリッパを買い物カゴにいれてレジに行きました・・
何気に振り向いたときにそのご婦人は首をかしげながら
スリッパを片手に乗せてヒョイヒョイって重さを量っていたぁ~~

もうぅぅぅ・・ごめんなさいぃぃぃ・・・
ポーのために選んでいたスリッパ(爆笑)
重さも、バランスも投げ具合もたいせつなんですよねぇ~~(爆笑)

それを見ていた別の方が不思議そうな顔してじーっと(爆笑)
罪作りはわたしでーーす

そのときのスリッパがこれ

CIMG0015.jpg

CIMG0016.jpg

1日ではやぼろぼろです

鉢合わせ

ポーには恐いものが2つあります(今のところ)

一番はなんといってもかーちゃん(爆笑)
それから掃除機と掃除機のホース・・
掃除機の嫌いな子はいっぱいいますが・・ポーは前にいろいろありましたから・・
だから掃除機がきらい・・

で・・掃除をしようと思うといつもポーをゲージに入れてから掃除をします。
でもこの間はポーをいれて、ゲージにかんぬきをかけたけど・・鎖を巻くのをわすれた・・・ ので・・
掃除機をかけるまで少し時間があったから・・

掃除機もって・・歩いていくと・・
ゲージから脱走したポーと鉢合わせ

ポーは・・・
とさか立てて・・全身の毛を総立ちにさせて・・
目、飛び出して・・
「あ゛ーっあ゛ーーっあ゛ーーっっ」
まぁねぇ~~
ポーが一番恐いのと、2番目に恐いのが合体して立ってるんですから(爆笑)
そんなときになるんですよ「ピーンポーン」って

とりあえず、掃除機ほり投げて・・ポーを引っつかんで抱っこして・・
出ました。

宅急便のおにーさん・・
体半分引いた状態で・・
「オコジョですか??」って
オコジョてぇ~~(笑)いたちみたいな・・まえーーにテレビで見たことがあるような・・・

すると
「ああぁぁ・・オウムですかぁ~あっ、大丈夫、この前の人なんか肩にカメレオン乗せてるんですよ(笑)でもオウムだったら肩か腕に止まらせたほうが普通っぽいですよねぇ~~」って

はいはい・・わかってますけどねぇ~(笑)
でも・・ん・・この人ずいぶん大型になれてるぞーっって思っていたら

「昔ねっ、おじーちやんが飼ってたんですよ・・コンゴウっていうんですか、おっきいの・・で・・おじーちゃんが死ぬのを看取って、通夜のときも一緒にそばにいたんですが、突然止まり木から落ちて・・死んじゃった・・おぼーさんがかわいそうがって戒名もくれたんですよ」って

で・・
「あとで調べると・・・どうやらギネスにのれる位の長生きだったかもしれないって」

「じゃあ~さっき鳴いてたのもこの子ですか??ギャーって」

そうそう(ーー;)

「長生きしろよぉ~~こまらせるなよぉ~~・・僕ももう少ししたらコンゴウ飼おうと思うんですよ、でも家がいるから(笑)がんばりまーす」

とさわやかに去っていきました。

どうやらこの方のおじーさんも長生きで・・コンゴウくんと60年ぐらい一緒にいたようですが・・
その前の飼い主さんも老齢で譲られたので・・

いまから考えると100歳、超えてたぁ~~(笑)

この間、ポーはすっかり落ち着いて
このおにーさんにかきかきしてもらっていました。
家族と、病院の先生以外に始めて初対面の人にかきかきしてもらったポー
さっきの鉢合わせのことはすっかり忘れたようで・・
そう・・このおにーさんの指先、優しさと愛情でいっぱいだったようです。
このおにーさん・・・おじいちゃんとおじいちゃんコンゴウとの楽しい思い出がいっぱいあるんでしょうねぇ~~

さて、荷物を受け取って2階に上がったポーは・・
やっぱり掃除機見て「ぎゃー」って・・・
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。