FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポーの1年

今年のポーはどんな1年だったのでしょう

消えかけていること・・・
猜疑心・・・
脱走・・・
攻撃癖・・・

残っていること・・
毛引き・・

そして覚えたこと・・・
ぶんぶんスリッパ投げ・・
手に乗ってしか・・外に出なくなったこと・・

愛情??


猜疑心と攻撃癖は徐々になくなりつつあります
脱走癖は・・
ゲージから外に出るとき、必ず手にのせて出すようにしているといまじゃあどーしてもというときでないかぎりたとえゲージが開いていても自分から出てくることはまれになりました


ポーは本当にすごい攻撃癖のある子でした
犬にそういう病気があるとは知っていましたが
私は鳥にも同じような、精神疾患があるのではないか・・と疑うぐらいの攻撃癖でした
それは今年の春ぐらいまでは回数は減ってはいてもたびたび見ることがありました
本当にまん丸の目が釣りあがって・・
突然鳥が変わったようにわめき散らして・・
何かかぶせなければこちらが命の危険さえ感じるような・・
そんな雰囲気さえありました

その病気のことをかかりつけの先生に聞いてみたかった・・でももし検査できれば・・
少しでも可能性があれば・・
もうもしかしたらポーと一緒に暮らすことはできなくなるのでは・・
とも思っていました

それが春がすぎ、夏が来て・・換羽が始まり・・
一瞬ふわふわのポーが現れたときにはすっかり影を潜めていました

もちろんこちらもポーに対しての態度が変わったのは事実です
悪いことをすると子供にしたように・・
拳骨・・ゴツン(苦笑)
そのかわり甘えたいときにはいつまでも時間がゆるすだけ腕に乗せて・・
「噛んだら・・だめだっ」と言い聞かせ続けました

また家族、特に主人の協力も大きかったように思います
いつもいつもやさしく声をかけてくれて・・
どんなことをしても笑いで済ませてくれた・・
これがポーには大きかったような
ポーの中の猜疑心を消すには大きな役割を果たしてくれたような気がします
いつもいつもどんなことがあっても待っていてくれる・・
いつもどんなときでも同じ態度で自分に声をかけてくれる・・
そんな安心感をあたえられたのかなぁ~と

そしてこの攻撃癖や猜疑心が消えていくとともにポーの言葉におおきな前進がありました
言葉がはっきりしてきて
何よりも人とやり取りができるようになってきました
といってもオウムですから
なんだかつじつまが合わないことがほとんどですが
それでも今あったこと、言われたことをちゃんと理解して返事をしているようです

毛引きはまだまだこれから
今は何か少し嫌なことがあると自分に向ける傾向があります

ポーのこの1年
ポーにとっては心の中で葛藤しなければならない激動の1年だったかもしれません
ただ、私にとってはポーとこれからもずっと一緒に暮していけることがわかった素敵な1年でした

そして・・ポーも銀河もおきちゃんも
どんな荒れ鳥さんでも時間さえかければなんとか一緒に暮していけるとわかった有意義な1年でもありました
大きければ大きいほど、攻撃をされると人間に対するダメージが大きくなります
ただ、それは矯正してお互いが学びあうといつかは消えていくもの
そして消えていった後にはおおきな信頼関係が生まれるのではないでしようか

1年ポーを応援してくださった皆さん
本当にありがとうございました

どうぞよいお年をお迎えください

そして来年もポーのことも、銀河のことも
どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

フィールド

CIMG0101.jpg
網で囲っている中がポーがスリッパ投げをするときのフィールドです
当初はすき放題、投げるままにさせていましたが
それでは人間の被害が多すぎるので・・・^^;

こうして囲いだしてから
私はひょっとしてポーの持っている大切なものを失わせているのではないか・・・
と思うようになりました

ポーはご存知のように
凶暴で、人に噛み付くし、決しておとなしい子・・とは言い難いです
それに足も早く・・
声も大きく・・
押しもつよく・・・(苦笑)

決してずっと幸せだった・・とは言い難い毎日を送っていたのでそれは仕方のないことかもしませんが・・

それでも想像以上の子なので・・
その悪いところは治してあげて、いいところだけを残す・・のもなかなか難しいことでした

それでもポーはこのフィールドの中で
自分で矯正すべきところは我慢して・・
好きなことは思いっきりやってきたようです^^;

投げることも、走ることも
取ることも、突っ込むことも・・・
そして
言葉を覚えて、受け答えをし・・
そばを通るものには威嚇をして・・時には甘え・・

人間が心配するよりもずっと
どうやらポーらしい1年を送ったようです

ポーのことを見守っていただいた方々に感謝しながら
次回はポーの1年をつづってみたいと思います

おもいあがり

ポーは娘の足音を聞きつけると
「かえってきたーっかえってきたー、ひとちゃん、かえってきたー」と叫びます
それにあわせて6羽の鳥が一斉に扉に向かって鳴き始めます

昨日のこと
とっても寒かった中を帰ってきた娘に
銀河が鳥語で一生懸命話しかけていました
そして時折ポーのほうをむいて
「ガルルルゥ」と小さい声で威嚇し始めました

それを聞いたポーは
しばらーーく考えて・・そして娘にむかって
「さむかったか??さむかったか??」って

飼い主は
暖かい住居と・・
バランスの取れた食事と・・
少しの愛情を与えて
思い上がっていたようです

この子たちは・・
それ以上の愛情を娘に向けてくれていました

そして天使になったあの子も・・
いつもいつも娘のことを気にかけてくれていました

高校受験を控えて
大切な人生の岐路に立っている娘
それを支えているのは・・
親だろう・・と思っていましたが・・
これもおもい上がり・・

本当に支えているのは
この6羽の子たちの無償の愛と・・
あの子の祈りかもしれません

鳥にも心はある

最近、新しい鳥さんの家族をお迎えした方のお話をよく聞きます

思い出したことがひとつ・・

おきちゃんはホームセンターのペット売り場から迎えました
最初は目玉で真ん中に置かれて・・
で・・攻撃的なので最後は小動物コーナーの隅の隅の隅っこの一番上におかれていました

で・・購入するとき、そのコーナーの責任者と思しき人に何気なく
「この子・・手乗りじゃあ~ないですよねぇ~~」と聞きました
で・・その店員さん
「最初は手乗りだったけど・・なかなかねえ~~ それに攻撃性が強いから・・・
この子、手乗りにするんだったら2週間ほど足に鎖をつけて、止まり木にずーっと止まらせておけばいいよ、すぐになつくから・・・」(>_<)

ポーには足に鎖をつけるときがあります
もちろん出かけるとき
これは鳥用のリードをつけることができないのと・・
ポーの性格上、周りの他人様や犬・・をポーから守るため(苦笑)
私は犬の口輪のように鳥にも嘴カバーがあればいいのになぁ~~と思うときがあります
すぐに噛み付き癖のあるポーは
ポー自身を守るためにも、回りの人や動物を守るためにも、不足の事故を防ぐためにも・・
もちろん鎖もドーベルマンでもつなげるようなぶっといので・・
ポーを危険な目に合わさないためにも役立っています

でも・・おきちゃんの話、それとこれとは・・意味が違うような・・
鳥にも心がありますからねぇ~~
おきちゃんは皆さんご承知のように
我が家では自由鳥をさせて・・
人になれるまでに2年・・
自分から肩に乗ってくるようになるまでにまた2年と・・
4年の歳月がかかりました

でもこの時間はおきちゃんがこのショップでうけた心の傷を癒す時間でもあったのではないかなぁ~~と・・

銀河だって
ほん最近になって本当に楽しそうに遊ぶようになって来ましたし・・

それぞれの心に持っている苦いものを全部外に出すには・・
それぞれの時間の流れが必要なのでしょう

ケリーやポーのように
とりあえず急いでキープして・・
それからひざの上でゆっくり癒す子もいるし・・

ゆっくりと距離をもって・・・
探る子もいるし・・

やっぱり鳥さんにも心はあるんですよ
どんな幸せに育った子でも
その子なりに過去を清算して、新しい生活になじむまでには時間が必要でしょう

皆さんの幸せそうな鳥さんのお話を聞いて
おきちゃんを購入したときのことを思い出して
あらためて・・ムカッとした母でした(苦笑)
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。