FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白いオウムのとっておき

白いオウムはとっておき
ひとつは「かしこいなぁ~がんばったなぁ~」

今の飼い主のおうちに来たとき・・
前にあったことをいろいろ思い出して少しパニックになった・・

そのとき言われた言葉・・
「ポーはかしこいなぁ~いい子やなぁ~~頑張ったから、大丈夫やでーっ」
それ以来これを聞くと・・
なんでか知らんけど気持ちが落ち着いてくる・・

白いオウムのとっておき
もう一つは「すりすり」
飼い主の顔に自分の顔を近づけて・・すりすり
なーんか心がぽっとなる

前は・・なんでか知らんけど・・
かーちゃんなかなか顔を近づけてくれへんかった・・
鼻噛みついたり・・
指噛み付いたりしたからかなぁ~
で・・じーっと見て・・
噛み付きたいのを我慢して・・待ってたら・・
最初は嘴を持たれてすりすりしてくれた
このごろは・・
じーーーーっと見てたらすぐにすりすりすりすりぃ~~って

賢いなぁ~とすりすりが一緒になると・・
ぽってなるんやーっ
そやからかーちゃんも・・ぽってなったかなぁ~~


ポーの心の成長が目覚しいです
特にこの冬、寒くなってから
粗暴さが消えて
動と静の区別がはっきりついてきました

ポーの一部を皆さんに見てもらっていますが
どうしてこの子が・・・と今だけを見ると思われると思います
どうしてなのか・・私にもはっきりとはわかりませんが
ポーはすごく賢い子だと思います
人の話を聞いて、そのポイントの言葉を自分のものにして
ジャストのときに使ったり・・

ただ、これは1年半以上を一緒に暮してきたから・・
決して片一方の愛情の押し売りではなかったのではないか・・と思います
私もずいぶんポーや銀河たちを心の支えにしていますし
もちろん家族も同じような思いだと・・
互いが互いを必要なものとしているから・・ではないかと思います

えらそうなことはいえませんが
動物と一緒に暮らすとき・・
「大切に飼います」というのは人間の思い上がり・・かなぁ~と
「大切に、一緒に暮します」
というのが心ある動物達に対する、また中には不本意にペットになった子たちに対する敬愛の言葉ではないか・・と思います

白いオウム、ポーはどこにでもいる子でしょう
私は大なり小なり問題のある子をみるのがもう3羽目となっています
でも・・
やっぱり・・
この子たちと暮して・・暮らす決心をしてよかったなぁ~と心から思います

どうぞこれからも
少しほろりとさせられるけど・・
爆笑も持ってくる
ポーをよろしくお願いします
スポンサーサイト

いつもと違うとき

いつもとちがうな・・と白いオウムと大きな緑のインコは思いました

いつもだったら夕飯の支度をする時間
飼い主はあわただしく出かける用意をしていました

いつもだったらお迎えに行く時間・・
ご飯をいっぱい入れてくれて・・
そして夜遅くまで飼い主は帰ってきませんでした・・

そしていつもだったらゆっくりな休日の朝なのに・・
飼い主は朝早く出かけて・・
夕方遅く帰ってきました・・


緑の大きなインコは前の飼い主を一度捨てています
自分より・・犬4匹のほうがかわいいのかな??って思ったから・・
そしてその後前の飼い主が連れてきた2人の人に
歓迎の歌を歌ったら・・・
次の飼い主になるのを断られました

ある日突然トラックに乗せられて・・
全然知らない人が迎えに来ました
その日から・・
ずーっとその人が飼い主になりました

歌が好きなことをわかってくれて・・
かわいい女の子も喜んでくれるので・・
いつも楽しく歌ったり・・おしゃべりしたり・・

で・・夕方遅く帰ってきたとき
大きな緑のインコは思いました
「元気になるように・・・」
いっぱい、いっぱい歌を歌いました
女の子はとっても喜んで、大きな緑のインコが特に大好きな
ビバルディーの四季の春のCDをかけてくれました


白いオウムは思いました
いつもと違うとき・・
それは自分がどこかに行くとき・・

いつもと違うときは何日かするといつも自分がどこかにやられる・・
でも今度は・・違う・・みたい・・
いつものように飼い主が
「いい子でまっててね 羽齧ったら・・あかんねんで」って
おもちゃも・・ご飯もいっぱいもらえてるし・・
でもいつもと違う・・

で・・夕方遅く帰ってきたとき
白いオウムは考えた・・
なんか・・あった・・かな・・

大好きな飼い主のひざの上に乗ったとき・・
白いオウムは何かしてあげたいと思った
で・・考えて・・かんがえて・・
あんまり考えたから・・
イライラして筆毛を3本引っこ抜いた・・
あらあら・・って飼い主に拳骨一発もらって
血が吹き出ているのをとめてもらっているときにぴっかーんっと思いついた

とっておきのあれはこの間言ったから・・
今度はあれしかないやって・・

で・・飼い主のひざの上で飼い主の顔をじーっと見ていると・・
飼い主が言った
「ご飯たべたやろ??」((>_<)ちがう・・)
またじーっとみた
すると飼い主が「ん??」って顔を近づけてきたから
ほっぺに一生懸命すりすり・・した
すりすり・・すりすり・・
「かーちゃん・・かーちゃん・・」って言いながら・・・

最愛の・・・

最愛で大切な人が昨日逝ってしまいました

もう90は優に超えて・・・
最近は痴呆もひどくなって・・

それでも40ん・・才の私が
生まれたときから慈しんでくれました。

3人のひ孫のうち
ひとりは成人していて
2人は職業をもっていて・・
孫娘にそっくりな一番下のひ孫娘はこの春高校生になろうとしています

そして
オウムとはなんと言う動物でしょう
飼い主の心の中にある苦い、重いものが見えるのか・・
ポーはしきりに
「かーちゃん・・かーちゃん・・がんばったか??」とやさしい、やさしい声で問いかけてくれています


ありがとね・・おばーちゃん
私の旦那さん・・大事にするから
安心してや

福鳥

ひょんなことである書き込みからある方がずっと心配していたオウムがポーのことだと・・わかっていただきました

よかった、よかった

メッセージでのやり取りで、久々ほんわかした1日でした

で・・
関西では「十日戎」という
祭り??うーん違う・・
神社参り・・・うーん・・

言葉が適当ではありませんが
七福神のうちの戎様は商売繁盛の神様で
関西では9日宵戎、10日本戎、11日残り戎、または残り福ともいいますが
でそれぞれの地域の戎神社に商売繁盛を祈願しに行きます

それぞれの神社では福娘さんが絵馬ならぬ福笹を配ってくれたりしますが、西宮の戎神社では10日の午前6時に男の人が一番福を狙って神社の境内をだーーーーっと走ります(笑)
一番、二番、三番の方々にはそれぞれお酒とかお米とか景品がありますが、何よりも福を狙って朝から参拝される方々が「福、わけてーっ」って握手をされたり、体をさわられたりしてるとか

で・・・
ポーのこと
ポーは福鳥かも(笑)
ポーはダーーッと走らなかったけど、ポーのことをなんとか助けようと思ってたくさんの方々がダーーーーッと力を貸してくださいました
「ネットオークションにこんな子でてるよーっ」って言ってくれた方とか
そのほかにもなんとかつるっぱげのポーのことが助けられないかいろいろ知恵を絞ってくださった方々もいらっしゃいます

ポーに対する仕打ちも人間がしたもの
でもポーに手を差し伸べたのも人間が・・

助けられた子をわが家に迎えてから・・
ずっと見守ってくださった方々

そして詳細はご存知なくてもポーがどうしたのかずーっと心配してくださった方々

人の世もなかなかやん・・って思わせてくれたのはポーかなぁ~って

ポーを見て、「がんばろうーっ」って思っていただいた方にも
たった一羽助けただけやん・・・でもちょっとええやんって思われた方にも・・
ポーからほんの少しほんわかした福がいきますように

そしてなにより・・
我が家が一番たくさんの福をポーからもらっています
うるさーーいこともあるけど、ひょうきんでかわいいしぐさにどれほど元気づけられて、わらいを持ってきてくれているか
これからもよろしく 福鳥のポーさん(笑)

それにしても西宮の戎神社の境内は本殿までずいぶんあります
大きなカーブあり・・本殿前の上り坂あり・・
そこでずいぶんトップを走っていた方がこけたり・・すべったり・・

で・・ポーの前にスリッパを吊り下げて
うまく誘導することができると・・
ポーはあの境内を走るのでしょうか(笑)
羽を少し広げて・・
とさか上げて・・
目を三角に吊り上げて・・

きっと一番の福鳥になったとしても
戎様は・・逃げていくかもぉ~~
「ギャーーッかまれるうぅぅぅぅぅ・・・」って(爆笑)

オウムにしてはいけないこと・・

ポーを迎えて1年半になり・・いまさらですが・・
ポーはスリッパをはいた足で蹴っ飛ばされていた・・のかも・・(苦笑)

いやいや・・実は昨日
お風呂に入った後、長男がよりにもよってポーのゲージの前で足の爪を切っていました・・

で・・・とーぜん大騒ぎになって・・
正月の3日でとうとう長男の頭、ぶっ飛ばして・・
ポーをなだめましたが・・ハァ~

ポーにスリッパ投げをさせたのは
生足をやたら襲うから・・なんです

迎えた当初
本当に足を見ると形相が変わって・・
猛然と・・
そうライオンなどの肉食動物が獲物を狙うような雰囲気で
生足を襲ってくるんです
で・・スリッパを履くと
まずそのスリッパを襲って・・
で・・たまりかねてスリッパごとポーーイと掘り投げた・・のが始まりで・・

昨日のことといい・・
とにかく足をみると猛然と形相がかわる・・ことからも
きっとスリッパを履いた足で・・蹴られた・・・??かなぁ~~

他にオウムを飼っていらっしゃる方も足をみると猛然と噛みに来る子もいるそうです
ただ・・ポーの経歴が経歴ですから・・・(ーー;)

脱走癖があると聞いていたので
ゲージから脱走したときに・・
掃除機のホースで追いかけられて・・
腹が立って足に噛み付こうとしたら・・スリッパの履いた足で蹴られた・・
のではないかと・・(苦笑)

掃除機のホースが恐いのは
ずいぶん助かっていますが(笑)
足はねぇ~~

だから
オウムにしてはいけないこと・・
そしてもし将来他人様に託さなくてはいけなくなったときのためにも・・
スリッパを履いた足で蹴ること・・
はやめたほうがいいかなぁ~~

本当に託された方々が・・困ります(ーー;)

で・・・蹴った覚えがなくて
すごく可愛がって育てていても
足を襲う癖があるのなら・・
できるだけやめさせましょう・・・

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。