FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雷なったら・・甘えっこ

我が家の鳥さんは雷がなるととたんに静かになります。
どの子もうん・・ともすん・・とも言わなくなって・・
ただひたすら金網にへばりついて(笑)通り過ぎるのを待っています。

で・・一番落ち着いているのは・・銀河
一番恐がりは・・さくら・・のはずだったんですが・・
入りたてのニュースでは・・ポー(笑)

そう・・今日は夕方からすごい雷になりました。
まっくらになって・・雨が降って・・
そして稲妻とかみなり・・

とさか振り乱して・・あせっていたのは・・ポー(笑)
娘がそばにいると・・ぴたっと金網に引っ付いて・・

いつも壁側にぴたりと寄せているゲージをすこし離すと
なんとも言いようのない心細げな顔をして・・

元気印、わんぱくポーが今日は台無しです。
ケリーのときもずっと一羽で過ごしていたとき、雷が鳴ったらどうしていたのかなあ~って思っていましたが・・
ポーも同じ・・
かまってもらえなかったとき・・雷が鳴ったらどうしていたのかな??
ご飯だったけど・・しばらくそばにいるとすぐに落ち着きました。
みーんな一緒のフロアー、すぐ近くで食べているんですけど
こんなときは特別(笑)
ケリーだったらすぐに膝の上に引き寄せて抱っこしてましたけど
ポーや銀河はまだまだそこまでは・・
だからゲージの前にどっかと腰を下ろして・・
「こわいねんやろーっ・・こわいやろーっ」って(笑)
ポーは正直に「うんうん」ってうなずいて(爆笑)
銀河はぴかって光るたびに目が「かっ」と開くけど、それぐらいで・・

無事に雷雲は通り過ぎました。
その後きれいな夕焼けで空が真っ赤になって・・
ポーとの距離もちょーーーーっとちょっと・・近寄ったかなぁ~
スポンサーサイト

コメント

はっぴ~は平気だったので気が付きませんでしたが、鳥さんは結構雷が嫌いなようですね。

ポーちゃんも、ままさんたちが側にいてくれて、安心していられたと思います。
ちょっとどころか、とっても心の距離も近づいたのではないでしょうか。。。

はっぴ~ママさん
我が家のオカメたちは雷がきらいです。
ずーっととさかが立ちっぱなしのときもあります。

近づいたかな?
そうおっしゃると前回のときより少し落ち着いてきたようです(笑)
男の子は甘えたですから・・

ケリーちゃんもポーちゃんも、ままさん達と
住んでなかった頃、どんな風に雷の時を
過ごしていたかと考えると、胸が痛みます。
オカメも怖がりなんですね~。
秋にお迎えするので、勉強になりました。

水菜さん
そうですね、オカメもとっても恐がりです。
1羽飼いをすると余計にこわがりになります。
雷が鳴るとるべく窓が見えないところにおいてあげます。それでも「バリバリバリ」って音がするとピーピー鳴かれるんですよ。
壁から離したのは万が一雷が落ちたときのためです。
雷はテレビのアンテナにも落ちるそうです。そんな時アンテナから壁を伝って地面に電気が逃げるそうです。
だから我が家ではひどく鳴ると鳥かごを必ず壁から離すようにしています。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kirei501.blog82.fc2.com/tb.php/106-58b9d862

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。