FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健診の結果と3ヶ月たって

健診の結果はおおむね良好でした。
それに今日はコザクラのさくらの再診日
ついでにアオボウシの銀河を連れて行きました。
さくらは劇的によくなっていて、投薬治療もおしまい・・
もう嘴を踏ん張ってお薬のいやいやをしなくてもすみます。

そして、銀河は・・・
ボウシインコというのは気をつけないと太りやすく脂肪が付きやすいインコだそうです。
銀河は迎えたとき480グラム
ぼてぼてのりっぱなメタボ鳥でしたが、その後脂肪が取れて380グラム
そして今日は、大食漢のポーのおかげで440グラム
ちょいメタボ鳥に逆戻りです(苦笑)
量も早さも上を行くポーに負けまいとしてましたが、食欲の秋なのにダイエットの開始です。
これも肝臓なんかに負担をかけず、長生きをしてもらうため・・・
ポーはポーのペースで
銀河は銀河のペースで食事をあげよう・・・って反省した飼い主です。


さて、ポーは迎えて3ヶ月がたちました。
ポー自身もとっても努力して本当にいい子になりました。
預かり身分だったポー
ポーは正式に我が家の子になりました。

いままでどうして決心できなかったか・・・
鳥といえども人間が我慢するように鳥さんも人間の生活に合わせて我慢してもらうことがたくさんあります。
いままでいろんなことがあったとはいえ、それがポーにできるかどうか・・・
本当に心配でした。
もしできないのならコンパニオンバードという種ではなく本来の鳥としての生活を送れる施設を探してあげたほうがポーの幸せになると考えていました。

でも今のポーは人の言葉を聞き、うなずき、返事をして・・
そして自分から甘えるためにひざに乗ってきます。
一緒にご飯を食べたがり、自分が話題の中心になれるようにアピールをします。
まったく以前の生活を忘れたわけではないでしょうが、ポー自身新しい生活になじもうと努力してくれています。
だからこの子の期待にこたえるためにも・・・
そして、これが一番大きな理由ですが・・
もうこの子と離れることができなくなったわが家族達は
ポーを正式に迎えることに決めました。

これもあの子が最初の最初
ケリーがいたからおきちゃんがいて・・ピョンが、ピーチがさくらがいて
ケリーが逝ってしまったから銀河を迎えて・・・
そしてまた同じような境遇のポーを迎えることができました。
ポーが心の底から人を許してくれるように
ポーの家族として努力してあげたいと思います。
CIMG0018.jpg
娘とツーショットのポー
満足そうな顔です。
でも今はとっても不満・・・
学校が始まって娘はクラブに塾に忙しくなりました。
だから・・とっても不満です。
ぽー・・我慢しようぜ
スポンサーサイト

コメント

こんばんわ。
ウチのアダムのお迎え前に大阪府下の遊園地(兼動物園)にたぶん毛引きだと思われるコバタンが、ふっきっさらしのケージで飼われていました。
家に帰っても気になってしまい、あんな状態で飼われてていいのか?と思うようになってしまって。
なんとか改善の余地があればと、そこにメールしましたがこちらが望む返答じゃありませんでした。
もし持て余しているならぜひ引き取らせてくださいともお願いしてみましたが。

皆が目にする動物園だからこそ、なんとかして欲しかっただけなんですけど。
あちらは私と違って、スペシャリストなのに。

ぽーちゃんの穏やかな毎日が続きます様に。

ポーちゃんは幸せですね。
私は無知で安易にオカメインコを飼ってしまったので今反省しています。あわ玉しかあたえられてなかったようで栄養不足で低体重です。
飼ってから色々勉強中なので(>_<)今大変です
幸せにしてあげられる条件は愛情もそうですが
ちゃんとした知識も必要なんだなって思いました。うちの子も元気に幸せになるようがんばります。

すいません。お礼を言い忘れてました。
鳥の専門医院の情報ありがとうございました。
やはり近くに鳥専門の病院はありませんでしたが近くの動物病院でオカメが診れるというところに行ってきましたがまったく知識のない先生でした。でも車で行ける範囲で鳥専門の病院がありましたので今検討中です。

素敵な家族の一員になれて、ポーちゃん良かったですね。
ポーちゃんの幸せがこちらまで伝わってきます。
さくらちゃん やはり早期発見のおかげで劇的な回復 こちらも良かったですね。

ラグーンさん
ポーの悪いところはすべて人の責任です。
穏やかな日々がくるように努力してあげたいと思います。

ぐー母さん
おかめちゃん、いかがですか?
できるだけ鳥を専門に見られているところに連れて行ったほうがいいと思います。
私もセキセイインコを「鳥も見ます」という病院に連れて行っていましたが、今とは診察内容がまったく違います。
毎週とか、3日に1回とか通うのが大変ですが納得のできるところがいいと思います。

ポーの性格を作ったのも人の責任・・
罪の大きさを感じます。

じぇりくんのまま
いつもありがとうございます。
でもポーは男の子です。
本当に・・・男の子・・・
こちょろ(さくら)とおおちょろ(ポー)で目が回るときがあります(苦笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kirei501.blog82.fc2.com/tb.php/128-56af7326

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。