FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の扉

銀河は里子で譲りうけた子です。
約10年元親さんのところで暮らしていました。
でも4人の子供さんと、4匹の犬に囲まれて決して静かな環境で暮らしてきた子ではありませんでした。
手放された理由は噛み付き癖と絶叫
最期の1年はほとんどゲージの外に出してもらえることはなかったそうです。

我が家に来て、止まれなかった手にも乗ることができたり、娘の話に一回ずつ相槌を打ったり、充分コンパニオンとして一緒に暮らせる子です。
でもおっかなびっくりちゃんで特に体をさわられることにすごく恐怖を持っているようです。
だからポーのように自分からカキカキを絶対求めない・・・

アオボウシインコってそんなドライな性格かなぁ~と割り切っていました。

でも先日健診に行って先生のお話を聞いて本当に反省する事ばかりでした。
先生もアオボウシを飼っていらっしゃいました。
その子は呼ぶと布団にはいり、一緒に寝たり
冗談で「たすけてぇ~」って呼ぶとレスキューにきたり・・
白色オウムとなんら代わりのない甘えたで、フレンドリーな性格だと感じました。

銀河の心の扉をあけることはできたけど
扉の蝶つがいはずいぶん錆びていたようです。
今度はさびをとって、磨いて、扉が全部開くようにしてあげないと・・・
扉が開くと銀河のことです中はきちんと整理されていることでしょう
お掃除をして、少しリホームをして・・
新しいお道具もそろえてあげましょう。

ポーの心の扉はすぐに開きました。
でもこっちはぐっちゃぐゃのくちゃくちゃ
お掃除して、整理して・・
いらないものを捨てて、リホームして・・・
お片づけの仕方も教えてあげないと

それぞれの心の扉が開いたとき
中がとっても素敵であるように・・
あらためて反省させられた一日でした。
CIMG0035.jpg
CIMG0034.jpg

おいしいとうもろこしをいただきました。
今日は鳥さんから
人間は鳥さんのお残りをいただきました。

スポンサーサイト

コメント

初めまして

初めまして。

ケリーちゃんの事以前お友達のブログで拝見させて頂きました。
その時に自分のブログにもケリーちゃんの事紹介させてもらいました。

自分も白色オウム(アオメキバタン)を飼っていましたが、8月10日に原因不明の痙攣発作で旅立ってしまいました。
3歳の時にペットショップから購入し、4年間一緒に生活してきたのもあり、悲しみでもう二度とオウムは飼わないと思いました。
でも、時間が過ぎて愛鳥を思い出している時、オウムの里親制度を見つけこのブログにたどり着きました。

自分も里親にはとても興味がありますが、今現在情報を集めている最中です。
少しでも自分の力で不幸な鳥を救えればと考えています。
里親についての助言や情報があれば教えて頂いてもよろしいでしょうか?
それとリンクもよろしいでしょうか?
よろしくお願いします。

自分もブログをやっています。
以前はオウム中心でしたが、現在は自分の日常を更新しています。
のぞいてみてくださいね。
長々とすみません。

ハジメさん
始めまして、よろしくお願いします。
リンクもどうぞよろしくお願いします。

大型オウムの里親になるにはどんな子でも受け入れる覚悟がいると思います。
聞いていたよりひどい子、聞いていたより素直でいい子、いろいろいると思います。
でもひなっぴちゃんで引き受けるんじゃぁ~なければそれぞれに理由があっての譲り渡しですので・・
どの子もなじむまでには長い時間をかけなればいけないと思います。
でも心が通じ合うと素敵なパートナーとなれる出しょう。
愛鳥さん、残念でした。
お気持ちはとってもよくわかります。
ただ、「この子を絶対」と決めずに成り行きに任せて・・・
ハジメさんと暮らさなければいけない子なら絶対戻ってきます。
そしてハジメさんの愛鳥さんが引き寄せてくれると思います。
そのときには譲り受けた子と愛鳥さんと2羽飼っているつもりでいてあげてください。
どうぞまたいらしてください。

銀河ちゃんは、何か心に秘めたものを持っている子だとは思っていましたが、いろいろ大変な環境に以前はいたのですね。でも、ままさんの献身的な愛情は、きっと伝わっているでしょうし、それに対する返礼の表わし方を、まだわかっていなかったんだと思います。

これから長い時間をかけて、銀河ちゃんの心が開かれていく様子を、見ていければと思います。

はっぴ~ママさん
銀河はなかなか頑固な子です。
タイプで言うと「おきちゃんタイプ」(笑)
この子はとっても時間がかかるでしょう。
でもまったくの人嫌いではないので希望の光は燦々とあたっている・・・と思わないとねぇ~

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kirei501.blog82.fc2.com/tb.php/129-f39d88fe

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。