FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇妙な癖のある新種の鳥??

ケリーを迎えたのは4月半ば
少し慣れてきだした5月の連休明けから子供たちの家庭訪問が始まりました。

で、一番下の娘のときは・・
ちょうどオウムさんはお昼寝中・・
その間に終わって・・
無事?でした・・・

次男のとき・・
起きてたんですねぇ~(笑)
それもゲージの外で・・相手して・・
ちょうど先生が来て・・
無理やりゲージにほりこんで・・
で、話しだすと・・2階から大絶叫・・ 「ああ゛ーっ、ああ゛あ゛あ゛ーーーーっ」って(笑)
1回目、2回目・・ぐらいは先生我慢してましたが・・
3回目になると・・
「あのぉ~何かいるんでしょうかぁ~」ってこわごわ聞いてくるので・・
「ちょっとお待ち願えますか?」って

次に現れた生徒の母は
手に軍手をして・・
肩にタオルをまいて・・
そのタオルの上に摩訶不思議な・・鳥らしいものをのせて・・

先生・・「あのぉ~・・あのぉ~・・・」ってお尻2/3座布団から浮かせて・・(笑)
オウムなんです・・って説明するままの顔を恐そうにのぞきながら・・
目はぜーーーったいケリーから離さず・・
話の続きが始まりました・・

で、ケリーはおとなしいんです・・
肩にいるから?
いえ・・どうやら後で考えると熱心に聞いている様子・・
耳をすませて・・
見える目でしっかり先生をみて・・(顔を向けるからよくわかる)
しっかり肩を握って・・

先生も・・
「おとなしいですねぇ~へぇ~ 新種ですかねぇ~ かわいいなあ~」って(笑)
このときケリーの種類にしっかりした確信が持てなかったので笑って受け流しましたが・・
きっと毛のないオウムの新種だと・・(苦笑)

この日子供たちが帰ってきてケリーがまとわりついたのは・・
次男・・
そう・・なぜかケリーにはわかるようです
子供たち何かあると・・
ケリーの奇妙なくせ・・いや特技・・
外で何かつらいことやいやなことがあるとわかること・・
そしてそれを癒そうとでもするように一緒にいること・・

この日からずーっとずーっと・・
虹の向こうへ旅立つまで・・
この奇妙な癖はつづくんです。
P1000705.jpg


写真はお手伝いをしているつもり・・のケリー
本当は肩に乗ってくれたほうがお手伝いになるんですが・・
本当の本当はゲージでお昼ねしてくれたほうが・・・
スポンサーサイト

コメント

けーちゃんのままさんへ

 けーちゃんのままさん、こんばんわ!
毎日楽しみに読ましていただいています。

 ケリーちゃんの「あーあ”-」は、音量が想像つくだけに、大変だなぁって思っています。でも、家族で暖かく当然のようにケリーちゃんを受け入れていて、ケリーちゃんも一人前の家族として暮らしていたんですね。
読んでいるこちらも嬉しい、いい感じだと思います(^^)

でも、先生びっくりされたでしょうねぇ~

けーちゃんままさん。こんばんは

ケリーちゃんの事初めて知った時は、なんて可哀相な子、辛かっただろう、寂しかっただろう
その事ばかりが頭から離れず毎日ケリーちゃんの事を思っていました

でもね・・・。ある日からケリーちゃんに対する見方が変ったのです
よ~く見ると、ケリーちゃんのお洋服を着ている写真が得意そうな顔に見えてきたのです
「どう?可愛いでしょう!ままが作ってくれたんだ♪素敵でしょう」
とっても可愛い女の子が自慢げ笑っているように・・。
幸せの陽だまりの中に立っているように見えました・・。

ケリーちゃんは寂しいだけの生涯だけではなくて、ままやままの家族の愛で
遅くなったけど、それを取り戻すくらいの勢いある愛の中にいたんだって思いました

ままさんのブログでケリーちゃんの事をもっと知るようになってからは
ケリーちゃんって愛嬌があってチャーミングで優しいレディだという事も分かりました
人が大好きなのに寂しい想いをしてきたケリーちゃん
なのに人を愛する事を忘れずにいたケリーちゃん

こんな良い子はいないですよね。なんだか書いているうちにまた涙がでそうす
今年は一緒にままさんと桜を見ながらの添い寝ができないけど
きっと桜前線にのって日本中を飛び回っているような気がします
ピンク桜の花びら、ケリーちゃんにお似合いですよね。女の子が大好きな色ですものね

はじめまして

はじめまして。
同じタイハクオウムを飼っています。
ラルフといいます。
ケリーちゃんのことを知って以来、ラルフをもっと大切にしなきゃって、前よりも強く思うようになりました。
ケリーちゃんのことはとても辛いです。
でも、けーちゃんママが撮った写真の中のケリーちゃんは、穏やかです。
どんな穏やかな写真も、涙が出そうになりますが、大切な思い出を、ぜひ綴ってください。
最後ですが、リンクを貼らせてください。

No title

先生はさぞビックリしたでしょうね(笑)
我が家には6羽の鳥(セキセイ、ボタン、オカメ、オキナ)がいますが、それでも驚きますから、大型さんのケリーちゃんを見たらビックリするはず(^m^*)
ケリーちゃんは子供さんたちに何かあったことを感じて、傍にいて・・・優しいですね。
お手伝い中のケリーちゃん、得意そうなお顔!可愛いですね♪

No title

おうたろうさん
そうなんですよねぇ~
2階からとんでもない大声が聞こえてくるし、どうやら人間の声ではなさそうだし・・(苦笑)
恐かったとおもいますよ(笑)

No title

はなまるさん
そうなんです、そうなんです。
本当に楽しい毎日を送っていたし、子供たちと何等変わりなく健康にも気を使っていたつもりなんです・・・
健康に問題があるときも私は人間や動物関係なしに「具合の悪い子が一番」と決めていましたから・・
主人が悪いときは主人が一番、ケリーが悪いときはケリーが一番と、心がけていたはずなんですが・・・

今頃どこなんでしょうねぇ~
夜には帰ってくるように言ってるんですがねぇ~(笑)

No title

ラルママさん
はじめまして、こちらこそよろしくお願いします。
ラルフちゃんと楽しい日をたくさん過ごしてくださいねぇ~
私ももう一度白い子といっしょに暮らしたいとは思っていますが、いまだとまだまだケリーと比べてしまいそうです。
ケリーはどうしてあんなに穏やかで優しい顔になったんでしょうか?
本当に特別なことはなにもしてあげていないんですよ

リンクの件ありがとうございます。
よろしくお願いします

No title

nanaoさん
アオボウシの銀河は飛べますから・・(^^ゞ
今度はどうなるでしょうかねぇ~(笑)

不思議ですよねぇ~本当に不思議だと思います。
ちなみに今いる子たちも私が怒り出すと・・いっせいに「しーん」となります。
人間よりずーっと危機管理がうまい・・というかご飯がかかっていますからねぇ~(苦笑)

No title

うちにもオカメインコがいます。
そうですぼくが叱られてるとき、絶対に肩に飛んできます。
慰めてくれるのです・・かわいいです。
ケリーちゃんもそうなんだ・・・・かわいいなぁ

No title

小梅キングさん
はじめまして
そうなんです、とってもかわいいんです。
小梅キングさんのオカメちゃんもやっぱり同じですか?
かわいいですねぇ~
だから大切に、大切に
いついつまでもお友だちでいてあげてくださいね
またいらしてください

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kirei501.blog82.fc2.com/tb.php/13-17a8bf44

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。