FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しつけ

今我が家には5羽の子がいます。
一番大きいのはボウシインコの銀河
一番小さいのはコザクラインコのさくら
このさくらはごんたできかんぼうです。
ついついままも「さくらーっ」って・・(笑)
すると銀河が「くー、くー」って
それはまるで「さくらさん、おかーさんが怒ってますよぉ~」って感じ・・
ケリーだったら・・

その子はショップにいました。
2005年4月生まれ・・
ショップではすごくかわいがられていました。

ホツペに赤いまん丸な模様の入っている
本当に始めてみるかわいいオカメインコでした。

夏のある日その子の値札の値段が下がっていました。
聞くと「足の爪をはがしたから」
ショップの方は「かわいそうで・・かわいそうで・・病院にも行ったけどもうはえてこないって・・いい人がいたらいいけど」

そのころケリーはままにべったり・・
娘はその子を欲しがりました。
旅行が終わってまだショップにいたら・・
ってお約束しました。

で、運命の子ピョンがやってきました。
まだ若鳥といえないほど幼く・・
自分以上に甘えたで・・・
ケリーは最初は「むっ」としたようですが
そのうちあきらめ模様に・・(笑)

パニックを起こして「ぴーぴー」鳴くピョンに
あのやさしい声で「キュ、キュ」って・・
まるで「大丈夫、だいじょうぶ・・もうかーちゃん見てくれるから・・」って言い聞かせでもしているように・・
ケリーはチュンコちゃんにもピョンにも攻撃する事なくいつもいつも保護者のように
「キュ、キュ」って・・
そして時には「キッ」って叱るように・・
今ケリーがいたら・・さくらはたくさん「キッ」を言われたでしょう。

ケリーが逝ってからピョンは突然発情しました。
まるで悲しんでいる私達を慰めてくれるように・・
ケリーの命を引継ぐように・・
でもピョン・・
でもねっ・・
彼氏いないから・・
赤ちゃんにならないんだよっ

ピョンのゲージの前には発情防止の「ねずみ男」のフィギァがぶら下がっています。
P1000701.jpg

スポンサーサイト

コメント

No title

ケリーちゃんは穏やかで優しく、聡明だったのですね。
ピョンちゃんはケリーちゃんが大好きなんだなぁって思いました。
我が家にいるオカメのぐりは、売れ残りでオカメとは思えない値段で売られていました。
ピョンちゃんはショップでも可愛がられていたのですね。足の爪をはがしてしまって病院へ診せてくれるなんて、良いショップですね。

No title

nanaoさん
そうなんです、とってもいいショップでしたが今はありません。
朝と夕方の餌も一羽一羽ゲージから出して手から食べさせていました。
それにオーナーさんが「ちょうげんぼう」を飼っていらして・・
毎日お店が閉店するとお店の中を飛び回っている・・ってお話を聞いたことがあります。
ケリーの餌のことも親身に相談にのってもらったんですよ
だからピョンも「かわいそう、かわいそう」で、すごく大切にされていて(苦笑)
いつまでも幼さないピョンのことをケリーはあきらめ顔で見ていました(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kirei501.blog82.fc2.com/tb.php/17-b49915a1

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。