FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お留守番

先週末は木、金と忙しく鳥さん達は長時間のお留守番でした。
ポーはお留守番には苦痛がないようで
ずいぶん賢くできたようです。

お正月は誰かがいつも2階のリビングにいたので
寂しがるのではと思っていましたが・・

そこで思い出したのがケリーのこと・・
ケリーはお留守番が本当に苦痛でした。
最高でも3時間
それをすぎるともう2ブロック向こうから車で走ってきても解るような大声で絶叫していました。
ケリーの場合帰って来ただけではダメで
次にはずーっとずーっとそばに引っ付いていないといけない
いつも耳にぴたっと体を引っ付けて何をするにも、どこにいくにも
変わりに引っ付く人が帰ってくるまでそうしていました。

私はケリーが逝ってしまってもオウムとはこういうものだ・・と思っていました。
ですから銀河を見たとき不思議でしたし(苦笑)
ポーがこうしてお留守番が上手にできると・・
本当に???なんですが・・・(笑)

今でも平日お友だちと合っても2時間を限度としています。
それをすぎるとお尻がそわそわしてきて
ついつい・・
「かえらなくっちゃー・・・まってるわぁ~~」が口癖で・・
知っている人には
「そうよねぇ~ いとしの彼氏と彼女がたくさんいるものねえ~」
とちゃかされますが・・
どんなにお留守番が上手にできても
やっぱり早く帰ってあげよう・・って

それは、ケリーが逝ってしまう1ヶ月ほど前から
虫の知らせのようにあの子とずっとずーっと一緒にいる時間がありました。
買い物以外ほとんど出かけることもなく・・
ケリーを抱っこして1日のほとんどをすごすことができました。

帰ってくるまで・・
ちーんと待っていてくれたポーたち・・
もちろん毛引きもまだ治っていないし・・いろいろ問題行動もあるけど

この子たちの様子を見ていると
ケリーがどれほど深い、深い心の傷を負っていたか
いまさらながらにわかるような気がしました。
スポンサーサイト

コメント

ケーちゃんのままさん、こんばんは!


ケリーちゃんは本当に心に深い深いきずをおっていたのですね。
鳥さんの家族が一緒でも、ケーちゃんのママさん達がいないのに
耐えられなかったんですね。
それほどママさん達が大好きで不安だったのでしょうね。
だから神様のお嫁さんになる1ヶ月前はママさんとずーっと一緒で、
ケリーちゃんは幸せな時間を過ごしたんだと思います!!!


銀河ちゃん・ポーちゃんとお留守番できるのに2時間でお家に帰るママさん。
ママさん家の鳥さん達は本当に幸せですね。
今年もママさん家のお話し楽しみにしています(^^♪


2009年が素敵な1年になりますように!
今年もよろしくお願い致します!(^^)!

種さん
いつもありがとうございます。

もう・・なんだか習慣になってしまって(苦笑)
お友だちも「あら彼氏がまつてるわよぉ~」ってね(笑)

ケリーは帰ってくるとわかっていても不安が付きまとっていたようです。
一人になりたくない・・・
また誰も帰ってこなくなるのではないか・・って
だから自分の寂しさが誰よりも強いので、娘の寂しさもわかってくれていたようで
いつもいつも娘に寄り添っていてくれました。

鳥の種類や性格、そしてそのおかれた境遇によってこんなに違いがでるようです。

どうぞ種さんにとっても素晴らしい1年になりますように・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kirei501.blog82.fc2.com/tb.php/173-1e18210d

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。