FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見てるよ

ポーは半年ほどでずーっといい子で飼われていたようになりました。

でも特別なことは何もしていません。
ただ、子育ての応用で
「みてるよ」って態度を見せていました。

いいことも・・悪いことも・・

いいことは褒めて

悪いことはしかって、または注意して・・

痛そうなときはかわいい、かわいいって抱っこして

そうしているといつの間にかおとなしくなりつつあります。


それにポーはゲージの外で止まり木に止まっているとき
何気に
「ポーちゃん」って言います。
こんなときは
「ん・・どーした??」とか
「いるよーっ」とかのんびりした口調で話しかけます。
何度も言われて・・うっとおしいこともありますが(苦笑)

あまりにしつこいと抱き寄せて肩にのせちゃいますが・・


だから何も特別なことはしていません
ただ、「見てるよ」なんです・・・・


そうそう、「抱き寄せる」のは本当に犬や猫を抱くように抱っこします。
素手で・・(笑)
いたずらしていて逃げてるときでも
後ろから鶏を捕まえるようにつかまえます・・素手で(笑)
で・・かまれない・・ですよ・・一度も
手って不思議ですよねぇ~
つかまえたり、抱っこするためにかまえると頭を下げて準備してるんです
何かを期待しているのかな??
スポンサーサイト

コメント

なんとなくわかります。
手・・・不思議ですよね。
手を通して鳥と人間の心が通い合います。

はじめましてで初書き込みkeiです

>手を通して鳥と人間のこころが通じ合います。

なんとなくわかりなんとなく意味不明(笑)

某○山の女子然り貴方然り

凄いなと思います
なかなかできる事ではない

千葉の某所で白色系の雄たけび聞きました
半端ではない・・・

家はちびちゃいの三人(羽)ですがそれでも難しい...

鳥もそうだから人間はもっと難しい

昔から死にたいと思う事もあり

そのための○備した事もありなわたしですが

貴方や彼女の白い翼の話で救われる日々でもあります




20代の頃

頭がとても黄色い緑な大きい子に会った事があります
キホウボウシとの事(どうかさだかではない)

その子は

元々はとてもかわいがられ家族として迎えいれられた


でも・・・・



犬(ミニチュアダックス)がやってきた



みんな緑な子からはなれていった・・・・




その緑色の大きな子には居場所がなくなった
知能レベルの高いその子は心に傷をおい
自虐に走り...。
彼女(彼?)方足は
指が前1つ後ろが1つなく
腐りかけて落ちずにすんだその足は変形し...

そうなりつつも腐り落ちることは免れたけれどもその片足の神経はどうにもならなくなっていた...
神経が駄目になったその足の指は勿論動くはずもなく松栄え状態変形して固まっていた

痛かったです
自分の心が
痛かったですその子の気持ちが

なぜ???

いらなくなったその子は社会人になったお兄ちゃんの元へ追いやられていた
そこへよく知りもせずオウムに会いたいといってそのお兄さんの仕事場の事務所に会いにいった...

悲惨そのもの

地獄

オウムなんだから喋れるだろうと
オウムなんだから歌えるだろうと
プレハブの事務所に置かれたその子は

オートリバースで一日中演歌を無理やり聴かされていた

でも唄わない    嫌だから
  
馬鹿だと...

喋れないオウムは馬鹿


理解もへったくれもなし!

側によって話しかけると
飼い主のお兄さんは言った
齧るかもしれない
危ないから止めろと


でも


元々は家族としてかわいがられていた子

話しかけてボディランゲイジをするとそのこはやはり返してきました


『なでて。。。』


私はなでましたそのこの頭を
その子にとって何年?十数年ぶりの事か...

その緑のキホウ大ボウシ(多分)の飼い主はそれをみてこういいました


いい放った言葉は...

こいつ男だだから飼い主にもなでさせないのに
お姉さんにはいいんだ!オスだからだよ!
しんじらんねぇ!!!

ケンタッキーフライドチキンとか
コカコーラも貰ってました



地獄


でも
それでも
その地獄の中でもその子が家族と認めている家族はどこまでもお兄さん


でも

当事者のお兄さんは少しも気づかない...

その緑の大きな子は
お兄さんが立ち去ろうとすると
とても大きなオーバーアクションと叫び声で

『行かないで! 私をみて!!』と叫んでました


でも理解できないお兄さん
『うるせーな』と

痛かったです

だから

ねちねちとちくちくとお兄さんにいやらしいくらい嫌味を言いました

彼は言いました

○○(名前今も忘れてません)は偉いよな~
自分で『足』治したんだから

(怒)
治ってたら指4本揃ってて動いてるだろうが!!!!!!

更にねちねちねちねち

心が痛いのでその後は会いには行きませんでした
風の便りに聞いた話では
私のねちねち攻撃が効果あったようで

その緑のこは
地獄な演歌のオートリバースの世界から脱し
お兄さんの寮に移されたとの事


あれから一ダース強の年月・・・

もうあの緑の子はいないと思います
出逢った頃のその子は
既に松かさ状態の
明らかに苦しい状態の子でもありました

助けることは無理
私の子ではない



では自分は???
人の事をいえるのか???
引き取れる力もない
そんな偉い人間ではない


人以外の命をバックアップする事


己の限界

そんな苦い思い出です

だから私は

申し訳ないけれども

ぽーよりも

銀河の方が心配です

ぽーよりも

銀河に幸せになって欲しい・・・

女の子な分

私があったあの緑の子よりも自己主張の弱い銀河に



大からん事を祈っています。

『白い』

ただそれだけではないのだと

緑でも赤でも黒でも同じ

人は白に弱い

緑がよくわからないはまちがい

そして

ぽーと銀河が仲良くなれる事を

日々祈っています

小さくても大きくても
白くてもそうでなくても
全ての翼に幸大からん事祈っています


乱筆乱文お許し下さい


&ご縁があれば

いつかどこかで...



kei

whoさん
小さい子でもおかーさんの手が大好きですよねえ~
ポーも私の手に顔を擦り付けると安心できるようです。

pooさん
今日の日記がお返事になっているでしょうか

ポーと銀河は接し方がずいぶん違います。
ポーは小さい赤ちゃんのようにいつもべたべたを求めます。
これはどの白色ちゃんにもあることだろうとおもつています。
そして銀河は・・
この子はいわば「大人のつきあい」
お互いを尊重しながら、少し距離を置いて付き合うのがコツなようです。
でも娘は家にいる時はずーっと銀河をそばにおきたがり、動画のようにいたずらをしかけたり、相談をしたり、鳥にすねたり、甘えたりしています。
それを見ている銀河は時には厳しくしかったりしますが(銀河が娘をしかるんですよ 笑)いつもいつも優しい目で見守ってくれています。
我が家にはいたずら好きなさくらも含めてどの子も大切な子たちです。

ままさんのコメントの受け止め方は 素晴らしいです。
pooさんの痛みをきちんと受け止めてあげていますね。ままさんの この余裕が 私には安心です。問題のある鳥と付き合うには まず こちらが心身ともに健康でなければなりません。大型の鳥ではありませんが 以前 わが子同様に大事にしていた小鳥を失い ふとしたことから同種の小鳥を受け入れることになった私は まだまだ癒えない悲しみや もしかしたらガラスのようにもろくなってしまっている心を 現実にいるポーちゃんたちにささえられて生きているままさんに 自分を重ねながらみています。傷ついた心を癒やされてるのは鳥たちではなく 自分のほうだと。
こうやって ままさんが傷ついた鳥達のお世話をすることは ケリーがなにより望んでいることでしょうね。そして ままさんが 幸せでいることを。
いつも 応援しています。 時間という薬をたくさん飲んでいってください。

ゆきさん
ありがとうございます。
鳥も人もいろいろあります。
お互いが支えあって、なぐさめあって、それが家族だと思います。
ポーは今ずいぶんおとなしくなりました。
そして銀河はずいぶん自己主張ができるようになりました。
私はいつもいつもケリーとこの子たちは違うと言い聞かせています。
だからこころのポッケにはもう膨らむことがなくなったケリーのポッケもちゃんとあります。
そうしておかないと、ポーや銀河がかわいそうな気がしてなりません。

ゆきさんも逝ってしまった鳥さんもちゃんと心のポッケに入れて置いてあげてください。
そうしてあげると、今いる子たちがなにかピンチになったときにその子が助けに来てくれます。
私は何度も逝ってしまったケリーに助けられています。
どうぞ愛鳥さんと幸せな時間をすごしてください

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kirei501.blog82.fc2.com/tb.php/178-d8d904d6

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。