FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だめじゃあ~ない

先日次男がポーに鼻を噛まれました。
これはどうやら青いめがねを狙ってのこと
以前から気をつけるように再三注意していたのに、ぼーっとゲームをしていたときのことでした。

主人は
「かわいがってるのに・・人の心がわからんから、ポーはあかん」といいます。
でも私は
「だめじゃあ~ない、注意が足りない」
と夫婦喧嘩になりました。

いままでも何度もすんでのところでポーを止めています。
ポーの心がたった6ヶ月やそこらですっかりまん丸になるとも思っていません。
だからまま以外の家族がいるときにポーがゲージの外に出ているとよくよく注意してあげないと・・・

その時間を積み重ねることがポーを替えることだとおもっています。

そしてまた、ポーはままの顔をかみました。
それは忙しくて、かまってもらえなかった腹いせ
そして兄達が遊んでくれない苛立ち・・
そんな風にみえました・・が・・ままは許しませんでした。

今まで一番おおきな大喧嘩
銀河まで
「おかーさん、やめてよーっやめてよーっ」って言ってるように聞こえましたがそれでも許しませんでした。
そしてポーもぜーったい引かない
何度たたき落とされても向かってきました。

で・・とうとうバスタオルに包んでゲージにほりこみました。
バスタオルからごそごそ出てきたポーは
「ポーちゃん、ポーちゃん」って独り言のようにつぶやいていましたが
完全無視!!

ゲージをあけてもおびえて出てきませんでした。

で・・仲直りはどうするか??
それは「散歩」
寒かったので毛布に包んで車まで移動して、暖かい車でおとーさんのお迎えに行きました。

久々のゲージなしの車で喧嘩のことは忘れたように興奮気味のポーでした。

これから何回かこんなことがあるかもしれません。
それでも引けないときは引かないと決めています。

ポーにもポーの言い分があるでしょう。
今回のは家族がいてもなかなかままが帰ってこないストレス
それを最近では自分の体に向けるのではなく、その人にストレートに表せるようになって来ました。
息子に対しても同じ
気に食わない青いめがねとずっとやっているゲーム
自分のことを見てほしいからついつい「えいっ」って

こうやっていやなことをその人に対してぶつけることができるようになったのもひとつの成長の証でしょう。
ただそれをちゃんと受け止めてあげないといけない責任はますます大きなものになりました。
スポンサーサイト

コメント

いつも読ませて頂いています

ままさん こんばんは。お久しぶりです。いつも読ませて頂いていますが、書き込みは久しぶりです。
ポーくんは、日々成長しているのですね。記事を読ませて頂いて、家の怪獣娘と重なる所があります。絶対に引く事は出来なくて喧嘩になったり、伝えたくても伝えられないもどかしさを娘は、ひっかいて伝えてきます(痛いです)。ちなみに仲直りはだっこです。
ままさんの書かれている事は、実家の鳥達を思いだします。私も喧嘩の時は引きませんでした。大好きな鳥達の事を思い、鬼のようになりました。
鳥達との生活は宝物です。

ぴよさん
いつもありがとうございます。
娘さんはお幾つでしょう??
きっとまだ赤ちゃん??ぽい(笑)
子育てはしんどいこともありますよねぇ~
でも今だから言えますが、少し娘さんと同じ目線で見てください。
自分の知っている世界と少し変わってきます。
で・・「ああ・・このことを言ってたんだぁ~」ってわかるときがあるんですよ。

ただ・・子供の気持ちはわかるときがあっても・・
鳥の気持ちはねぇ~
それに男の子ですから(苦笑)
男の子のオウムは本当に不思議ちゃんですよ

ポーくんは不思議ちゃんなんですね!

ままさん お忙しい所お時間を割いてお返事を下さり、ありがとうございます。
ポーくんは不思議ちゃんなんですね。不思議ちゃんでも確実に成長していく姿は見習いたいなと感じています。
家の怪獣娘は1歳と10ヶ月です。やんちゃで少し繊細です(繊細な所は相方に似たようです)。ままさんのおっしゃるように娘の目線で見てみます。ありがとうございます。

ぴよさん
男の子はみーんな不思議ちゃんです(笑)
小さなときも、おっきくなっても
ただ、私は子供たちが通った保育園の園長せんせいから
「子供に愛情をかけすぎることはない、特に女の子はかけてもらった愛情の分しか自分のこどもにかえせないから」と言われました。
もし何かのお役に立てるなら・・・
ポーを見ていると子供たちの小さいときのことをよく思い出します。
何を言っているのかあのときはよくわからなかったけど
今では少しわかる気がするんですよ。
お嬢さんは今「ミニママ」さんじゃあ~ありませんか??
お父さんやお母さんの日常のそぶりをすっかり真似てるのにわかってもらえない(笑)
みーんな後で思うんですよ
「ああ・・あの時はかわいそうなことをしたわぁ~」って(苦笑)
そしていつまでも娘に恨み言のようにいわれるんです
「あの時ねぇ~わたしはぁ~」ってねっ
どうぞお嬢さんと楽しい毎日をすごしてください。

そうなんですね!

ままさん こんにちは。
ままさんの書かれた事を読んでいると、実家のオカメインコ達の事を思いだします。
ポーくんの成長を見ていると、嬉しくなります。
女の子は、かけてもらった愛情の分しか自分の子供に与えられないのですね。知りませんでした。ままさんのおっしゃる事を胸に娘に接してみます。ありがとうございます。

ケーちゃんのままさん、こんばんは!

ぽーちゃん、人(相手)に対して訴えるようになってきたんですね。
今までは自分の身体で示していたのにすごいです!
後は手加減というか痛みをわかってくれたらいいですが、
これは難しいですもんね。
いつも本気で向き合って想っているままさんの想いが、
いつも伝わってきます。

楽しい仲直りのドライブっていうのもいいですね(^^ゞ

種さん
そうなんです・・がねっ(苦笑)
生傷が絶えなくなってきました。
DVオウムだから(爆笑)

本当はお散歩が一番なんですが、まだまだ風も冷たくって・・・
なにしろポーは自前のダウンをぜーんぶ やぶいてますからねぇ~
でもやっぱり難しいですよ ポーは
「依存」ではなく「対等」を求めますから(苦笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kirei501.blog82.fc2.com/tb.php/182-62fa2565

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。