FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やり直し

ポーと娘はは「ゲージの付き合い」からやり直しています。
これは娘から言い出したこと

「噛むけど・・やり直せそう」というのが娘の考えで・・
日増しに母にはかわいくうつるポー
母のひざでかわいい顔をしてかきかきしてもらっているのを見ている娘は横から指をだしてかきかきしても噛まなくなったポーに何かを感じていのかもしれません。


ポーは娘との関係を急ぎすぎたのかもしれません。

あの時、もう後がないがけっぷちオウムだったから
目の前に現れた新しい家族に有頂天になって・・

そして自分だけに感心を持ってほしかったのかも・・・

やり直しが必要な訳は
ポーが何度も噛んだ・・から
顔を狙ったり・・・
足を狙ったり・・
かばんにぶら下がって離さなかったり・・

ただ・・娘にも・・悪いところがあると思う
それはケリーのようにどのオウムもすぐにべた甘の関係になれると勘違いしているから(苦笑)
そう・・ケリーがいい子すぎたんですよ
優しくて、かわいくて、そしておおきくって・・

まだまだポーはそこまでは・・いってない
銀河もいってません

ただ、娘の関心するところは
「きらい」って口では言ってるけど、出かける前はかならず「行って来るよ」ってポーのゲージをのぞくし
帰ってきても同じ・・
そして「ポーが○○ほしがってる」ってよく見てるし・・・
「かめへんようになったらお部屋に入って一緒にお歌を歌おう」なんて・・

ようは・・娘もあきらめてない し・・
ポーがケリーのようになると信じているようです。

さて、娘とポーのやり直しは順調です。
娘がゲージの前を通るとかならず嘴をだして撫ぜてもらおうとするようになりました。
娘もかならずポーのゲージものぞきます。

まだまだ荒なことは荒ですが・・
それなりに・・なってきたのかも・・しれません。
CIMG0054.jpg


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kirei501.blog82.fc2.com/tb.php/187-149414b1

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。