FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もぐって  もぐって

キィ~バタバタ・ん?のみだがはらんさんのお宅のジュリアちゃんは当時高校生のお兄ちゃんに「べたなれ」でした。
お布団にまで入って一緒にお寝んね・・
主人と
「オウムがお布団に??」
「うーんうらやましい・・」って会話をしていました。
それにジュリアちゃんはご家族と一緒にご飯も食べていました。
もちろん、清く正しいオウムさんのご飯
それにくわえてヨーグルトやゆで卵の黄身やらゆでたお豆腐やら・・
いつもネットで見ては「こんなのも食べさせてみよう・・」って
みだがはらんさんのお宅が先生になっていました。

ケリーもこのころ日に2回一緒に食事をしていました。
1回は朝・・
忙しいですがそばにおいて野菜や果物を少しずつ・・
で、もう一回は夕食に・・
これもやっぱりお野菜だとか・・ゆで卵だとか・・豆腐だとか・・
でも一口も食べないで「ぽいっ」されることも・・

さて・・寒く・・寒くなると夕食が終わるとケリーはもぐりだしました。
どこへ??
そう・・こたつへ(笑)
最初はたしかままの膝の上でコタツのお布団をかけてもらうぐらいでしたが
そのうち「中のほうがとっても暖かい」って気がついて・・
で、
「もぐって・・もぐって・・」
次に
「う~~~ん暖かいぃぃ~~」(笑)
でもここは要注意の場所
知らないで足を「ぎゅー」って突っ込むと
「ぎゃぁーーーっ」って言われて・・次に「がぶーっ」って(笑)
本当に何時間でも
人で言うと顔が真っ赤になってほわほわなのにまだ
「さむいよぉ~」っていってるような・・
で、ゲージに返してお休みの時間はひよこ電球をつけて、何枚も毛布を重ねて暖かくしてあげなかったら・・
もちろん苦情の「ぎゃぁーーー」を言われました。
だからケリーをゲージに返す少し前に暖房をつけて(笑)
「まるでおばあちゃんだねぇ~」って笑っていましたが
本当におばあちゃんだったとは・・・
P1000732.jpg

写真のケリーは何をしているか???
よーく見てくださいねぇ~
悪いんですよぉ~~(爆笑)

スポンサーサイト

コメント

No title

オウムがコタツで丸くなる♪
ですね!!
いたずらしてるし(笑

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kirei501.blog82.fc2.com/tb.php/19-7bb769bc

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。