FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きれいになるということ

我が家に迎えた鳥さんは迎えてから幸運なことにどの子も毛引きをしていません。

だだ、白い子2羽は迎えたときににすでに超、素っ裸の毛引きの子でした。
タイハクのケリーの毛引きは治してあげることができずにケリーは逝ってしまいました。

ポーはまだ我が家に迎えて1年未満ですから
これからどうなるか・・・

毛びきの子をむえかられた方もいらっしゃるでしょう。
でも毛引きはしている期間が短ければみじかいほど早く完治します。
ただ何かの拍子にまた抜き始めることもあるそうですが早く毛引きをやめた子は次も早くやめることができるそうです。

でもケリーやポーのように期間が長くなればなるほど
完治は難しく
またポーのように精神的なトラウマがあればあるほど・・
やっぱり完治は難しい・・ようです。


できればポーをきれいな元の姿にもどしてあげたいなぁ~と思っています。
今がよければきれいな姿になることは飼い主の自己満足なのかもしれません。
でも今の自然の姿のまま、ポーが毛引きをしなくなることが大事じゃあないかなあ~と思っています。
ポーの持っているトラウマをポーが自分で克服できたとき
毛引きがなくなるんじゃあないかなぁ~って

本当に人とともに暮らしていく決心ができたときに
ポーは毛引きをやめるんじゃあ~ないかなぁ~
と思っています。


私たちの前でどんなにかわいい姿を見せてくれても、ポーは誰をではなく なんとなく人間を信用しきっていないところがあるのでは・・と思います。
それが全部きれいにとれて・・
本当に人を信じてくれるようになったとき
「きれいな姿」に戻ってくれるのではないか・・と・・

だからきれいな姿になることは飼い主の課題でもあり
ポーの課題でもあるような気がします。

幸せにしてあげようと思っても
人間が勝手に独りよがりで思っているんじゃあないかなぁ~って思うことがあります。
この子たちにとって本当に幸せになることってどんなことでしょう。
本当は自然の中で暮らすことが本当の幸せかもしれません。
でもこの子たちは飼い鳥ですからそれが許されるはずも、自然の中で生きていけるかも定かではありません。
だから私は空気のようにいつもいるけど、いなければ物足らない・・
そんな風になったとき幸せを感じてもらえるのではないかと・・勝手に思っています。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは♪
一緒に暮らす鳥達にとって、何が幸せなのか...いつも考えてしまいますね(^^)♪
大切に想えば想う程、この仔達は幸せに思ってくれてるのか...とっても気になります(^^)
ポーちゃんはママさんに迎えられ、甘える事、傍に寄り添って貰える事の優しさを知ったんじゃないでしょか?(^^)...優しい手がいつもある事を幸せに思ってるんじゃないでしょうか♪(^^)
いつか、毛引きをしなくても心が満たされる日が来ると思いますm(_ _)m

>幸せにしてあげようと思っても
人間が勝手に独りよがりで思っているんじゃあないかなぁ~って思うことがあります。
この子たちにとって本当に幸せになることってどんなことでしょう。
本当は自然の中で暮らすことが本当の幸せかもしれません

難しい問題ですね
私は小鳥?鳥ですか・・・が好き?で
実際にOZに渡豪してワイルドライフな子達を見てきました

キバタン系もモモイロインコもローリーも…
皆仲間と一緒に大空を舞い笑いながら飛びかい
生きているそのさまを

方や同じ大地で生きているにも関わらず商品としてそこに存在するモモイロインコを見た時

『痛かったです』

その差が

難しい問題です

鳥とは関係ありませんが
では
『フリーウィリー』に出てきたオルカ
ケイコ(本当は男の子)
のように

1人の人間の子供の
『ケイコを海に返してあげて!』この声にかたえて始まった運動のような残酷さもある訳です

彼は寂しいまま寒い海で死ぬ事なってしまった
選ぶ権利
これも人間側だけでは決まらないのだと思います

何が幸せにつながるのか?

それはとても難しい問題ですね

私が今1番会って見たいのは

『ソロモンの指輪』

これをもっていた

あの

『ティッピ』

です


追記
一昨日
豚がいた教室をみました
私はあの教師を教師とは認めない
一生認めません

私も同感です。教師とは認めません。
私の学校では小学校の授業でフナの解剖がありました。
その時のことが今でも鮮明に残っています。私は罪もない、今まで生きていた動物を殺してしまったんだという
何ともいえない罪悪感だけが残りました。
もう30年以上経っても深くキズが残っています。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kirei501.blog82.fc2.com/tb.php/194-a677b3d3

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。