FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意地悪な質問

ポーは昨年の今頃、新しい里親さんのところに東北から旅立ちました。
それがたった2ヶ月でオークションに出されるなんて考えもしていなかったレスキューされた方は幸せになれることをこころから願っていたと思います。

本題に入るまえに、オウムはかなり人の言葉を理解しています。
それは犬が人の命令に従うように・・とは少し違いますが、すごく賢い子は会話さえ成り立つことがあります。
さて、ポーにいじわるな質問をしてみました。
「ポー、○○ちゃん(レスキューされた方の愛鳥さんの名前)覚えてる??」って聞くと

「○○ちゃん、○○ちゃん」って連呼して
とさか上げて、羽広げて大興奮していました。

覚えてるんだぁ~~

で・・
「その前のおうち、覚えてる??ポーがずーっといてたところ」って聞くと・・
左右に首を激しく振って・・横を向かれました
これもおぼえてるんだぁ~~
でもいやな記憶みたい・・・

で・・次に
「かーちゃんのところにくる前、○○のこと(我が家にくるまえに引き取られた地名)、覚えてる?」って聞くと
ぷいっと横を向いたまま・・しばらくこちらに顔を向けませんでした。

鳥さんでもオウムになるとかなり鮮明な記憶があるようです。
現に銀河に「前のおとーさんとおかーさん覚えてる?」って聞くと
遠くを見るような目つきになって少し考えているようでした

ポーにとっては激動の1年だったようです。
特にレスキューされた方から離れて最初の里親さんのお宅での記憶はあまり楽しいものが少なかったようです。

そのときの言動はすべて再現してくれています。
きっとこれを見ている方には想像を絶するようなことです。

で・・最後に聞きました
「かーちゃん、すきか??」

すると・・ポーは初めて自分から頬ずりをしてくれました。
ゆっくり、ゆっくり何度も、なんども私のほっぺたに顔全体をこすり付けて・・

ポー、かーちゃんも大好きやでーっ
スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです

けーちゃんのままさん
お久しぶりです。
いつも拝見していたのですが読み逃げ
ばかりで。。。
ポーちゃんの成長振りをここで見るたび胸があつくなります。
オウムと会話が成り立つのもすごいし、それにちゃんと応え、自分の感情が表れていますね。
ポーちゃんがケーちゃんのままさんに頬ずりしてくれる姿を想像したら。。。微笑ましく思いました。
ケーちゃんのままさんのところにこれたこと
すごく幸せなんでしょうね。
これからもポーちゃん達の微笑ましい姿見せてくださいね♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kirei501.blog82.fc2.com/tb.php/195-1219a160

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。