FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛引きは薄毛??

我が家で引き取った白色の子は2羽ともひどい毛引き症です。
ケリーはそれに栄養不足も重なってずいぶんひどい状態でした。
とにかく、サイトでお知り合いになった方々を見習って
鳥が食べてもいい栄養のある物
動物性たんぱく質や野菜、果物をふんだんに食べさせていました。

ポーはキバタンの体型としては標準型ということですが
こちらももちろん食べるものには充分気をつけているつもりです。

ただ、私は毛引きの子を2羽しか見ていないですが
この2羽に共通して言えることは頭や顔の毛も薄いこと
そして、栄養状態や精神的なものが充実してくると爆発的に毛が生えてくることです。


換羽とは換わる羽ですので、当然抜ける毛がありますが
ポーの場合顔や頭は抜けるものよりもはえてくる割合がずーっとおおくなっています。

これはケリーにもいえたことで
よく娘が顔をかきかきしていてあたらしい根元が出ているところを見つけては
「きもちわるーっ」と・・(>_<)

で・・体のほうはというと・・

自分で抜いてしまったところは毛根がなくなって
次にはえるときはなんにもないところに突然プツッと毛根が浮き上がってきます。

白色で完品な子(毛引きのない子)の毛の中までみたことがないので一概にいえませんし、種類と生息地が違うのでくらべるのもなんですが、ボウシインコの銀河と比べてもポーは薄毛で
綿毛もうーーんと少なめ・・

人で言うと・・リアップがほしいかなぁ~と(爆笑)

とにかく今の時点では病気を疑うような怪しい羽はひとつもなく
これはもう毛引きのなにものでもないでしょうし
換羽ではえている羽は立派な太いものがどんどん出てきています。

毛引きも短期間なら薄毛を伴うことがないでしょうし・・
長い期間になるといろいろなところに弊害が出てくるようですねぇ~~

さて、ある方から毛びき湿度に関係あるのではないと教えていただいて、霧吹きでプチ水浴びを十全しまていますが、
今のところ齧ることはあっても抜くことは少なくなって
とりあえず無事な羽を多数見ることができます。
とうぞこのまま次のシーズンを迎えることができると・・
少し期待できるんですが・・ねえ~~
CIMG0076.jpg
スポンサーサイト

コメント

うちにはホワイトフェイスのオカメインコがいますが、やはり毛が薄いところがあちこちに見られます。
ちなみに毛引きしているわけではありません。
羽の裏とかまったく生えていない部分がピンク色の皮が見えています。
白い子は毛がうすいんでしょうかね?

男のおしゃべりはきらいさん
うーんそれは一度ちゃんと鳥が診れる先生がいる病院に連れて行かれたほうが・・・
オカメインコの羽の下もびっしり羽毛で埋まっていますからねぇ~~
結構年齢が行ってるのでしょうか
鳥も高齢だと換羽が行なわれにくいと聞いたことがありますが・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。