FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年たって

ポーを迎えて1年がたちました。
この子とはケリーよりも衝撃的な出会いをしました
そして本当に手こずった暴れん坊さんです

それはこの子の心の中に人間に対すると不審と疑心と疑いがあったからでしょう
ポーはご存知のように毛引きをわずらっています。
それは人に対してもっと自分を見てほしい欲求が満たされなかったから
自分が人にあまりうけいられなかったから
ではないかと思っています。

それに悪いことにポーには攻撃癖があります。
私の右手の人差し指には2箇所ポーにかまれた傷跡があります。
本鳥さんはかんだ瞬間「しまった」と思ったようです
でも傷は深くて・・跡がしっかり残るほどのものです

それでも今はポーのことをあきらめなくてよかった・・と思っています
心に傷をもつ動物と暮らすことは本当に大変な事です
特に攻撃癖のある子は本当の本当に厄介です

でもお互いが理解しようと努力すると
ポーのように穏やかに暮せる日が絶対くると今は大きな声で言うことができます。

ポーが我が家で穏やかに暮せるのはたくさんの人たちの協力と努力があったからです
だからこの子を守って、一緒に穏やかに楽しくすごして行きたい
それがこの1年を振り返ってのたった一つの願いです。

私は自分の右手の人差し指についた傷がいつまでも消えなければいいと思っています。
この傷を見るたびにポーの心を考えることができるように

今の気持ちを忘れないように・・・

だからこのサイトを見て「我が家にも困ったちゃんがいるわ」と思っていらっしゃる方
どうかあきらめないでください
きっと、きっとその子も穏やかに、仲良く、楽しく一緒に暮らしたいと思っているはずです。

だから・・
いつまでもポーらしく
楽しく、明るく、元気よく
一緒にいよう・・・
一緒に暮そう・・・
CIMG0139.jpg

我が家ではお迎えした日をお誕生日としています
ポーは7月1日で推定7歳になりました。
次の1年も元気で爆裂で(笑)いてほしいと思います。

お祝いの日なので
背中の綺麗なところから撮った写真を・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。