FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最初の1年が終わって・・

さて、これで最初の1年のお話はだいたいおしまいです。
この最初の1年我が家の人間様にもいろいろありました。
長男の通っていた高校の沿線で大きな事故があったり・・
次男の高校受験があったり・・
それでもなんとかすごすことができたようです。

最初ケリーの話を聞いたとき、ままはすごい想像をしていました。
「毛引きで毛がない・・」は頭まで丸裸・・
「片目がつぶれて見えない・・」は片目がえぐれている・・(笑)
だから最初に見たとき
「なーんだ、体だけが丸ハゲで普通じゃん(笑)
目だって普通にあくじゃん」って(笑)

最近「毛引きですぅ~~」ってお話を良く聞くようになりました。
で、ケリーのように飼い主がちーっとも元のタイハクの姿を知らないで迎えると案外「しゃぁ~ないやん」と思うことができますが・・
もともときれいな姿の子が突然毛引きをすると飼い主さんはとてもとてもショックでしょう。

で、ここで思ったこと・・
「あるがままの姿を受け入れる」ことは大変難しいことです。
我が家も人間の子3人決して順調に育ったわけではありません。
それぞれ挫折もあるし・・
もちろんいじめをされて学校に行けなくなった子もいます。
で、その子に「学校に行け!!」というのはたやすいことですが・・
「学校に行かなくていいよ」って言うのは・・大変、大変難しいことです。
それをあえて我が家では「行かなくていいよ」を言いました。
もちろん、今はやりの「引きこもり」にするつもりはなく(もちろん今はみーなんちゃんと学校に行ってますよぉ~)様子を見ながらあるときは説得して、又あるときは強引に、連れて行ったこともあります。
ただ、「いけない」ということに対して親子で充分話し合って・・そしてお互いがある程度納得して・・ってことがあったのでケリーのことも受け入れやすかったのかもしれません。

毛引きの・・丸ハゲの姿になったことはもう仕方のないこと・・でもそれを受け入れて徐々にかえてあげる・・
そしてずーっとずーっと長く一緒に・・
って思っていたのですが・・
ケリーとはその願いがかないませんでした。

毛引きの悩みを抱えていらっしゃる飼い主さんがもし見ていたら
とりあえず病気でなければ「まあ~いいじゃん」って思ってあげてください。
そして時間をかけてそばにいるだけでも・・見ているだけでも・・
もしかしたら鳥さんが訴えたいことの「なにか」がわかるかもしれません。

さて、「ケリーのお話」の2年目
これから絶好調のケリーのお話になります。
でもままの心配はいろいろ増えていくんです。
P1000427.jpg
スポンサーサイト

コメント

No title

我が家のインコ達は酷い毛引きは幸いなことにないのですが
ピーチ@モモイロインコはお迎えして1年経った頃に
翼の裏をがじがじといじって羽がぼろぼろになった時期があります。
今思えばケーままさんが言われたように「原因」があったんです。
オウムって賢い。
オウムって考える。
つくづく実感です。

そしてケーままさんのお子さんたちのお話。
私も多感な時期の子供を持つ母親です。
とても参考になりました。
ありがとうございます。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kirei501.blog82.fc2.com/tb.php/23-11682e26

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。