FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

割り込む

ポーがひざの上であちこち体を嘴で掻こうとしているとき

嘴と皮膚の間に指を割り込ませます

ケリーのときにもよくしましたが、毛引きのある子はどうしても毛づくろいが乱暴になりがちなようです。

一生懸命というか・・(笑)
で・・ぷちん、ぷちんと・・

だから嘴と皮膚の間に指や手を割りこませて嘴の変わりに掻いて上げます

たまに噛まれそうなときもありますが、慣れてくると嘴で指を誘導して自分のかいてほしいところにもって行きます(^.^)

ポーの場合、きっととっても賢い子なんでしょう

今では毛づくろいの強さを覚えてきたようです

だからずいぶん抜け毛も少なくなりましたし、確信犯のとき以外は抜いていることがあまりなくなりました

ただ、賢いというのは他にも使うようで・・・

自分が掻いてほしいときにわざと誘導するときもあります

つまり・・かゆいところをかかされる・・^^;

で・・最近母はおきちゃんとさくらが毛づくろいごっこをしているとき、じーっとがんみをしていることが多いです

どこをどんなふうに掻いてほしいのか

ただ最近・・・おきちゃんとさくらは母がじーっと見ていると・・

気持ち悪そうな顔をして・・
ピューとがんみできないところへ行ってしまいます・・


えっ、キバタンにそんなことをしているのか??ってびっくりしている方もあると思います

ただ、この子たちはそういうことに飢えていたのかもしれません

そして・・そんなことぐらいで毛引きが治るのなら・・・

と思っている飼い主です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。