FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポーとちいさいおっさん

ポーは人語でのおしゃべりが上手です
いや・・上手というのは語弊があるかも・・・

とにかくポーは人語でしゃべります。
それも・・我が家に来てから教えている「おはよう」とか「おかえり」とかは一言も話さず
「こらーっ、どこいったーっ」とか・・
「だれやーっ」とか
「わかったーっ」といった
まるで酔いどれのおっさんのような話し方をします

それもこれらの言葉を絶え間なく、無意味に話すのではなく・・
その場、その場に応じて
間髪を入れずに・・
大声で話します

これでいつも通っている動物病院ではどれほど恥ずかしい思いをしているか・・・(>_<)
ですから家族も、周りのお友だちも
ポーの体にはファスナーが付いていて、それをあけると中からちいさいおっさん、つまり加藤茶さんがコントをやるときのような格好のおっさんが出てくるのではないか・・・と思っている・・というか信じているんです(爆笑)

オウムはおしゃべりが上手・・・と思われがちですが
まったくしゃべらない子もいるし・・・
あまり上手でない子もいるし・・
それぞれ個体によっていろいろですし、過去の飼育条件によっても変わってくるように思います

ただ、我が家の6羽の鳥さんを見ていても
鳥の鳴き声で・・・
そしてそぶりや目線で
いろいろなお話をしてくれているように思います。

6羽もいると大変ですが
でも私はこの子たちにできる限り返事をするようにしています。
この子たちがそれをどれだけ理解しているか・・・それはあの子たちにしかわかりませんが
少なくとも毎日、毎日の積み重ねで人語をしゃべる、しゃべらないってことがあんまり重要でなくなってきたような気がします。

さて、ポーが人語を覚えているのは、きっとそれは自分に向けられたものばかりではなかったように思います。
ただ今まで聞き覚えたことを忘れずにいたことと
我が家に来て一緒に生活をするようになってから、言葉の使い方を理解したことが
このちいさいおっさん言葉につながっているのかなぁ~~と・・・(苦笑)
今のところオウムのポーに人間がときおり・・・いやしょっちゅう引っ掻き回されていますが・・・
そのうち、上品な言葉でしゃべってくれるようになるかなぁ~~と
淡い、淡い期待をすこーし抱いている飼い主なんです^^;
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。