FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不気味な声

夜、娘はピアノに行って・・

その娘を迎えに主人がいなくて・・

長男は自分の部屋にいて・・

私は・・お風呂・・

リビングには鳥さんとついたまんまのテレビ・・

時折人の笑い声が・・

「ワッハハーッ」(笑)


これ・・
ポーがテレビを見て・・笑っている・・・

じゃあ~なくて、テレビの笑い声をまねしている

で・・お風呂から出てくると・・

ポーが一言言いました

「こわかった・・・」(爆笑)


で・・・母が脱衣場でごそごそしているときに娘が帰ってきました

「トン・・トン・・トン・・トン・・」

娘が階段を上がる足音が聞こえて

「・・・・・カチャ」

(ポー)
「あぉーーーーーーっ」
まるでオカルト映画の主人公のようななんちゅー声(爆笑)

娘も主人もいっせいに ポーの声にびっくりして
「あ゛ーーーっ」って(笑)

ポーは一言
「びっくりした」

もちろん・・ポーはそのあと娘から目玉飛び出るぐらい叱られました

で・・夜中コザクラのさくらが夢を見たらしく(苦笑)
少しパニックをおこしてました
さくらは本当に怖かったのかなぁ~かわいそうにねぇ~~(爆笑)

本当に恐くて、びっくりしたのは
夜中にうなされたさくらと・・
娘と・・
主人と・・
そしてお風呂で不気味な笑い声を聞いて、脱衣場で突然の大声を聞かされた母でした
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。