FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥にも心はある

最近、新しい鳥さんの家族をお迎えした方のお話をよく聞きます

思い出したことがひとつ・・

おきちゃんはホームセンターのペット売り場から迎えました
最初は目玉で真ん中に置かれて・・
で・・攻撃的なので最後は小動物コーナーの隅の隅の隅っこの一番上におかれていました

で・・購入するとき、そのコーナーの責任者と思しき人に何気なく
「この子・・手乗りじゃあ~ないですよねぇ~~」と聞きました
で・・その店員さん
「最初は手乗りだったけど・・なかなかねえ~~ それに攻撃性が強いから・・・
この子、手乗りにするんだったら2週間ほど足に鎖をつけて、止まり木にずーっと止まらせておけばいいよ、すぐになつくから・・・」(>_<)

ポーには足に鎖をつけるときがあります
もちろん出かけるとき
これは鳥用のリードをつけることができないのと・・
ポーの性格上、周りの他人様や犬・・をポーから守るため(苦笑)
私は犬の口輪のように鳥にも嘴カバーがあればいいのになぁ~~と思うときがあります
すぐに噛み付き癖のあるポーは
ポー自身を守るためにも、回りの人や動物を守るためにも、不足の事故を防ぐためにも・・
もちろん鎖もドーベルマンでもつなげるようなぶっといので・・
ポーを危険な目に合わさないためにも役立っています

でも・・おきちゃんの話、それとこれとは・・意味が違うような・・
鳥にも心がありますからねぇ~~
おきちゃんは皆さんご承知のように
我が家では自由鳥をさせて・・
人になれるまでに2年・・
自分から肩に乗ってくるようになるまでにまた2年と・・
4年の歳月がかかりました

でもこの時間はおきちゃんがこのショップでうけた心の傷を癒す時間でもあったのではないかなぁ~~と・・

銀河だって
ほん最近になって本当に楽しそうに遊ぶようになって来ましたし・・

それぞれの心に持っている苦いものを全部外に出すには・・
それぞれの時間の流れが必要なのでしょう

ケリーやポーのように
とりあえず急いでキープして・・
それからひざの上でゆっくり癒す子もいるし・・

ゆっくりと距離をもって・・・
探る子もいるし・・

やっぱり鳥さんにも心はあるんですよ
どんな幸せに育った子でも
その子なりに過去を清算して、新しい生活になじむまでには時間が必要でしょう

皆さんの幸せそうな鳥さんのお話を聞いて
おきちゃんを購入したときのことを思い出して
あらためて・・ムカッとした母でした(苦笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。