FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手乗りであることが大切なことですか??

小さい鳥さんたちを連れて病院に行くと(我が家で小さい鳥さんとは中型以下です)大抵聞かれるのは
「手乗りですか??」
お互い長い鳥飼さん同士なら
「どれぐらいでなれました??」になりますが・・

ポーや銀河を連れていると・・
「手にのるんでっか??」(苦笑)
か・・
「外に出すの??お家ではどこに入れてるの??」
止めが
「しゃべるの??」

犬や猫がいないときは銀河やポーを手に乗せて外に出すことがあります
大抵
「おおお・・・」と(苦笑)

さて・・よく
「手乗りで・・」と里子の募集で書かれていることが多いですが
手乗りであることが・・・それほど大切なことでしょうか??

ケリーは我が家に来て初めて手に乗ることを覚えました
最初は自分でゲージの天上にギューーとつかまって・・・
一歩が出ないのでギャーギャー鳴いて・・・

我が家の鳥さん、6羽
最初から手に乗れたのはオカメのピョンとさし餌のさくらだけ・・
銀河(アオボウシ)は手乗り崩れになっていてずいぶん痛い目にあって
それでも無事手に乗れるようになりました

ポー(キバタン)も最初に助けてもらったお宅でずいぶん特訓を受けたようですが・・
我が家に来たときには半分くらい忘れていました

オカメのピーチも手乗り崩れ・・
いまだに好き嫌いがはっきりしていて
気分の乗らないときにはガンとして母の手を受け付けません

おきちゃん(オキナインコ)はもちろん今でも手に乗りませんし・・・

それでもどうにかこの子たちと暮しています

大型は噛まれると犠牲が大きいですから
おとなしく手に乗れることは大切なことですが・・
それでももし新しく迎える子なら
その子との絆を結んでいくうちに、それぞれの付き合い方が見つかるのではないかなあ~と思います

我が家のケリーを始め大鳥ちゃんたちは私が必要に応じて教えたものです
噛まれることを恐がらず
噛むことを叱りながらお互いが学んでいくと
今まで以上にいい関係が作れるのではないかなあ~と思います

だから
「手乗りである」ということにこだわらないでほしいなあ~って
手乗りであったのに手に乗れなくなった・・・事のほうがずっと悲しいような気がします
スポンサーサイト

コメント

手乗りさん

こんにちは、我が家の手乗りズは、お天気のいい日などに、しばしお外に連れ出します。
フィンチの目的は水浴び、おかめさんの目的は日光浴です。たまに、通りがかりの人が目をまるくされます。手のりが珍しいようです。私にとってか、彼らにとってか、手乗りのメリットは、何といっても一緒にお外に出られる事。荒鳥では、どうしても籠に入れてでないと、出せませんから・・・部屋の中では放鳥していますが、自主的に自宅に戻ってくれる時もあり、そうでない時もあり、その時は籠に返すのを家族に手伝ってもらうこともあります。お戻りいただくのが、苦になりますね~v-258

手のりにこだわりすぎない方が良いような気がします。

ままさん こんばんは。
いつも読ませて頂いております。
実家の鳥達は手のりが多かったですが、手のりでなくても大切な家族でした。
カゴの外に出すと大変でしたが、毎日声をかけたり、カゴの側にいて見ているだけでも楽しかったです。
自然と手に乗る鳥達もおりましたが、手が嫌いな鳥達もいました。
それぞれ個性があって、良いような気がします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。