FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家に来る前の半年・・

ケリーは我が家に来る前の6ヶ月ほどをほとんど一羽ですごしました。
餌と水は2日に1回、必ず入れ替えに来てもらっていましたが

朝も、昼も、夜も・・
誰もいない・・・
誰も帰ってこない毎日をすごしていました。

生活のリズムもなにもかも「くそくらえ」状態で・・
わめきたいときに大声をだして・・
眠くなったら寝て・・
そして寂しく、たまらなくなったら・・
自分の羽を抜いて・・
そんな日々をすごしていました。

だから我が家に来て早朝に、昼に・・夜に・・夜中に・・
大声を出すのは仕方なかったんです。
でも大型を飼ったことがない我が家
最初はケリーが鳴くたびに飛び上がるほどびっくりしました(笑)

で・・でねっ・・・
今だからいえますが・・・
険しい目つきをして、鋭い嘴をもっている、鬼のような長い爪を伸ばしているこの子をさわるのが・・みーーーんなとっても恐かったんです。

ただ、徐々に前を通ると見える目で追いかけ
話しかけると聞くそぶりをし・・
時折頬を擦り付けてかいてほしそうな顔つきをする
そして3ヶ月もするとこの子のたぐいまれな人懐っこさと
子供たちを見る目の温かさにままは魅了されることになるんです。


このサイトをごらんいただいているみなさん
もうご存知とは思いますがケリーは虹の橋を渡りました。
もう頬ずりをする事も、腕に乗せることも、ひざに抱っこする事もできなくなりました。
それでも私の一番はケリーです。
これは誇張でも、強がりでもありません。ましてやうそでもありません。
今我が家には5羽の子たちがいます。
その中の一羽アオボウシインコの銀河はつい2週間ほど前にお迎えしました。
境遇はケリーと似たようなものです。
ケリーが大切なのに、一番なのにどうしてこの子たちがいるのか・・
それは・・それはケリーの分まで幸せにしてあげたいから・・
そしてケリーが「おかーさん・・ねっ・・」って後押しをしてくれたからです。
どの子も大切な子です。
そしてケリーともども今も、未来もかわらず「一緒にいよう・・いっしょに暮らそう」と心から思っております。
P1000689.jpg



スポンサーサイト

コメント

それです、それ!!(笑)

 ご報告遅くなって申し訳ございません。リンクの件、有難うございました。私の方こそ不慣れなので不備がありましたらお手数お掛けしますがご指摘お願い致します。
 ウチの母は、本当に可愛かった先代ボタンインコが虹の橋渡って以来「もう鳥さんは(別れが辛いから)お迎えしない!!!」と言ってて、私もしぶしぶながら納得してました。
 今居るインコ達もあえて省略しますが「問題あるお店」に居た仔達です。でも..それぞれに「きちゃった」んですよね~しかも親子して(笑)
 私も何となくですが、あの仔が大好きだった母の、私の背中押してくれた気がします。そして今だに前居た仔達も今居る仔達も、心配しても、噛まれても、拒否されても、それぞれが“一番”です私も出来る限り永く「一緒に居よう、いっしょに暮らそう」..焦ったりくじけそうになったらこの言葉を思い出す様になりました。
 もしケリーちゃんが迷い込んで来る事があったらままさんの所に帰る様に伝えますね…でもその前に頬ずり、抱っこさせて…いや、すぐ帰ってあげて!!ですね(笑) 
 長文失礼しましたこんな姉。ですが、これからも宜しくお願い致しますm(u_u)m

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kirei501.blog82.fc2.com/tb.php/6-f656579b

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。