FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、お話を元に戻して・・
次の日ままはケリーのゲージを買いにいきました。
もう辛抱できない・・
それほど臭いんです(苦笑)
幸運なことに大型鳥のゲージが1つだけ残っているお店で買うことができました。
で、大変な思いをしてケリーを移して・・
そして仲良くなるためにままは手からご飯を上げることにしました。
「おいしいもん、たべよかぁ~」って(笑)
さすが頭のいい大型オウムさん
すぐにこの言葉を覚えて素直に手から食べてくれるようになりました。
それはひまわりの種だったり、りんごだったり、野菜だったり・・
そして・・・
P1000659.jpg


鳥さんの歩き方は鳥さんの大きさによって独特の特徴があるようにおもいます。
我が家のオカメたちは
ちょこちょこちょこって・・
オキナインコのおきちゃんは荒れですからあんまり歩いてくれません。

で・・手から餌をあげるようになったケリーはずいぶん我が家にもなれてリラックスしてきたようでした。
で、迎えて3日ぐらいしてからでしょうか・・
ゲージを抜け出して・・
始めて自分で外に出ました。
で、床に下りると・・
なんと・・
歩けない!!

普通内股でとっとっとっとっって感じで片方ずつの足が出ますが・・
もう足を前にやろうとして、わかっているけどなかなか出ないおじいちゃんのように・・
一歩が前に出ないんです。
で、とさか上げてからだを上下させて
3回ぐらい上下させてやっと一歩・・
4回ぐらい上下させてやっと一歩・・

最初は笑えましたが・・
本当にかわいそうになってきて・・
長い、長い間ゲージから出してもらえなくて
歩き方も忘れたのかと思うと・・

それでも一生懸命、一歩一歩
リズムをつけて歩いていました。

羽はぼろぼろで飛べないし・・
歩けなかったらどーしよう・・って

その後は自分でゲージに帰ったんだと思いますが・・
この日からゲージの外での生活も始まることになったんです。

さて、このブログを見てくださっているみなさん、本当にありがとうございます。
コメントを下さった方々にも本当はお返ししなければいけなのですが・・
おいおいブログの中でお返しさせていただきます・・ということでお許し願います。

また、「リンクを・・」といってくださっている方も本当にありがとうございます。
どうぞ、コメントの中に「リンクはります」で結構です。
ただ、ケリーは虹の橋を渡ったとはいえ我が家のかわいいかわいい、大切な子です。
どうぞ、悪意で使われる方はご遠慮願いたいと思います。
このブログは興味本位、または冗談等で開いたものではありません。
皆さんの何かの参考になればと思っております。
失礼なこととは思いますがよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは、今日鳥のブログを見ていて偶然にもケリーちゃんのブログに出逢いました。ケリーちゃんがままご家族と出逢うまで考えられない環境に居たこと想像するに耐えがたく心痛むものがありました。ケリーちゃん!まま、お姉ちゃん達と出逢うまでよく頑張りましたね。ママさんの愛情に包まれ大切に大切に育てられ人間との信頼関係を取り戻せたケリーちゃん幸せだったでしょうね。いっぱいいっぱいままに甘えたんでしょうね。これからも心の中のケリーちゃんと共に銀河ちゃん達を幸せにしてあげてくださいね。我が家もセキセイイコのワガママ末っ子娘ハルちゃんを甘やかしつつ大切に育てています。
天国の虹を渡っているケリーちゃん天国でうちの子達見つけたら仲良く遊んであげてね☆

No title

みだがはらん様のブログでケリーちゃんの事を知り、自分のブログで紹介させて頂きました。
ですので一言でもと思いましたので、書きこまさせて頂きます。

自分の方でも書いたのですが、人間とペットの主従関係の前に"命と命の関係であり対話"なのだと、本当に感じました。
私は猫を二匹飼っていますが、どちらも捨て猫です。
もう10年以上も一緒に暮らしていて、いるのが当たり前の環境。
でもいずれ別れが来るわけですが、最後まで一緒にいるつもりです。いや、いますよ。
彼らが安心して虹を渡れるよう看取ってあげる事も、私たち人間に出来る最後の責任であり恩返しなのですね。

No title

ハルちゃんママ
ありがとうございます。
オウムはこんなに甘えたなのか・・ってびっくりしました。
何時までも甘えてくれるものと思っていましたが・・・
ケリーのことは現在進行形(笑)の子達にとっても役立っています。
どうぞハルちゃんとお幸せに
そしてまたきてください。

No title

宗十郎さん
ありがとうございます。
もうこんな子が出ないように・・・
動物と人の命の境目はどこでしょう?
どちらも大切なのではないでしょうか・・
ただ、人間は何かを食べなくては生きていけない・・
だから日々感謝が必要だと・・・そう思うこのごろです。
ケリーは私達家族に幸せをいっぱいくれました。
大切な、大切な家族でした。

リンクを貼らせて頂きました

みがだはらんさんの日記でケリーちゃんの
ことを知りました。
オカメインコと桜文鳥のブログをはじめたので
リンクを貼らせてもらいます。
微力ですが、一人でも多く、ケリーちゃんの
ことを知ってもらいたいので。

canaryseedさん
はじめまして、そしてありがとうございます。
ケリーは我が家では本当に普通のオウムとして一緒にいました。
こんな姿になっても前向きで楽しい子でした。
どうぞよろしくお願いします。
もうこんな子が出ないように・・
大型のオウム、インコさんたちは本当に向き合ってあげないとこんな姿になってしまうんですよ

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kirei501.blog82.fc2.com/tb.php/8-d4e0e6cd

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。