FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厄介者になった子は・・

まず大声で自分を主張したケリーはどうなったか・・
まあ~半年の間前のおうちにケリーだけでいましたから、当然ご近所さんから苦情のひとつもでます。

そのうちに声が聞こえなくなって(我が家にきたので)ご近所では「ああ・・あの鳥しんでんなぁ~静かになったなあ~」と・・
で我が家では・・
まず第1は「出してくれ!!」ですので真っ先にゲージの扉を開け放ちます。
すると部屋の中一周見回りをして、ゲージにつかまってもう一度「あ゛ーーっ」と(笑)
これは誰かを呼んでいるのでままだと肩にのせてそのまま家事、その他やっちゃいます。
で、娘なんかが帰ってくると寒ければコタツがありますのでもちろん娘の膝の上に
その後は大体「キュー」って小さい声と目線で何が欲しいのか、何をするのかがなんとなくわかったので後はお休みでゲージに返すまで行ったりきたり・・・

新入りさん場合は・・
主人の場合「ご飯か?ご飯か??ひまわりいれたろか??」
娘は「ちょっと待って、いまかきかきしたるから・・まっててや」
息子は黙って猫じゃらしを持ってきて、からかって遊ばせています。
ままは・・きっと外に出たいんでしょうが・・・ままひとりのときでないとねぇ~(笑)
まだまだ信用していません(苦笑)

そしてこの子の恐がるもの・・
掃除機のホース、ほうきの枝、布団たたき、そしてびっくりしたのはおもちゃにしようと買ってきた長いへちま・・・
とにかく長いものを恐がります。極端に恐がります。もう普通ではありません。
どうしてか・・
それは・・ご想像にお任せします。

それと5時の一人芝居(笑)
最初に2,3日5時ごろになると騒ぎ出します。
それもよくわからない言葉でしゃべって・・それもまくしたてる・・
そしてそれに反抗するようにギャーギャー叫びます。

これは3日目に「かーちゃんが叱ったたるから・・ポーちゃんいじめたんだれや!!ゆーてごらん、かーちゃん怒ったるから安心しーっ」と何度も何度も言い聞かすと次の日からとまりました。

長いものを恐がるのと、5時の一人芝居の荒れ方をみるとおのずと「なぜか?」がわかっていただけると思います。

厄介者になった子はもっともっと厄介者になっていく・・・
厄介者を作ったのは人なのに・・・

そして、厄介者はどこかへ・・・

もちろんケリーの場合とこの新入りさんの場合はずいぶん違います。
ケリーの元の飼い主さんは実際は虐待のような飼い方だったかもしれませんが、それでもケリーの命を守ろうと一生懸命になっていらっしゃいました。
そして新入りさんは・・・
大きな、大きな心の傷が残ってしまいました。
いままでおとなしかったのに突然の噛みつき、大声、絶叫、狂ったように首をふって、羽を広げての攻撃態勢

それでも我が家に来てそれほど時間はたっていませんが夕方の狂い鳴きがおさまり、攻撃態勢の時間が短くなり、人に対しての要求鳴きにかわり・・・

我が家ではこの子が暴れだすと「きちがい鳥が始まった」といってしばらく好きなようにさせておきます。
だれもが知らん顔をして・・
すると案外短時間でおさまるので・・・その後思いっきりカキカキしてあげます。

厄介者の次はきちがい鳥になります、短期間でも短時間でもなります。
でもその子を元のコンパニオンバードにもどしてあげるのは・・・
はてしない時間がかかるかも・・・しれませんねえ~

7月8日の記事のコメントには本当にお答えする事ができませんでした。
核心に触れる部分にはまだお答えできないこともありますが、またよろしければご感想などお聞かせください。
そして、この子のことをお伝えください。
リアルタイムの進行です。
うまく心をつかむことができるか・・・それともどーしてもだめで鳥の施設に送ることになるか・・
私にもわかりません・・
でも、ゲージ越しであれ「おいで」っていうと急いで頭を下げながら近寄ってくるこの子を本当にかわいいと思っています。
スポンサーサイト

コメント

かわいくてかわいくて、この子と一緒にって思って家族に迎えたのに・・・最初だけなんでしょうか?一緒に居る時間が長くなればなるほど大切な存在になっていくものですよね。大変な事もあるとはおもいますが、どうしてそんな事が(想像ですが)できるんでしょう?辛すぎます。新入りさんに幸せがいっぱいきますように。ままさん、暑くなってきましたのでお体に気をつけてください。

グリーンリバーさん
<かわいくて、かわいくて>は多くの鳥好きさんだけでしょう。
こんな方たちは案外「○○で見たからかっこいい、ネットで簡単にお金を出せば買えるから・・」感覚なのでは・・

きっと想像は当たっています。
かなしいですよねぇ~

長い物を怖がる…五時の一人芝居…。
いろいろな事を考えてしまいました。(ケーちゃんまま、勿論聞きません^^)
涙がちょっと出てしまったのは…
ままさんが「かーちゃんが怒ったるから安心しー!!」の言葉。一番欲しかった言葉だったと思います。
あと、けーちゃんままファミリー皆さんの見事な対応。大きな心で包んであげてる事が伝わりました…。
やっぱりケリーちゃんとの思い出が大きく関わってるのでしょうね。
これにも涙が出てしまいました。(大体、今泣きながら書き込んでますもん・汗)。
色々事情がある子だとお見受けしますので、
差し支えない部分だけ、またブログで教えて下さると嬉しいです。

水菜さん
だいたいあたっていると思いますよ

かーちゃん怒ったる・・は我が家では当たり前
もううちの子です(笑)
大切なかわいいうちの子ですよ
暴れん坊さんでもかわいいなぁ~とかほっとする時間をくれるんです。

本当にいろいろあるんですよ
強く生きてきた子です。
だからケリーが呼んだのかも・・・
これからを楽しみにしていてください。

はじめまして。みだがはらんさんのところから来ました。むむむと申します。
実はずいぶん前から訪問させていただいていたのですが記事を読むだけでした。すみません。
ポーちゃん(?)が今も心の傷で苦しんでいるのにも拘らず、ポーちゃんを傷付け、苦しめた加害者が今もどこかでのほほんと暮らしているかと思うと憤りを覚えます。
大型オウムのお世話は、そして傷ついた心のケアはさぞ大変だと思います。でもケーちゃんと暮らした2年と8ヶ月の時間がみんなを助けてくれると思うのです。
何も力になれない傍観者の私が言えた義理ではないのですが、ポーちゃんのことをよろしくお願いします。

新しくポーちゃんをお迎えしたのですね。
やはり、ままさんのところには心に傷を負った子が集まってくるのですね。きっと、ケリーちゃんが、ここなら癒されるよって教えてあげて、呼んでいるのだと思います。

これからも、ポーちゃんやみんなの暮らしの様子を見守らせていただきたいと思います。

よかった~・・・・・ほんとうに。
確かに、飼いにくい方々です。
でも、鳴き声も、雄たけびも、王様ダンスも、個性だと思うのです。
ずっと心配で・・・・でも、「私が親になる!」て名乗りを上げるほどの勇気は出なくて。
ケリーママさん、ありがとうございます。
この子、(かわいい顔)きっと心の傷も癒すことが出来ますね。

むむむさん
いえいえ、これからもこの子のことを見守ってあげてください。
心にトラウマを持った子と一緒に暮らすことはどちらにも我慢が必要です。
人がする我慢、鳥が覚える我慢
でもそれを超えることができるとずいぶん近づくことができるんですよ。
どうぞまたいらしてください。

はっぴ~ママさん
いつもありがとうございます。
私自身もねっ、普通の子はなんだか物足りないような気がするへんな飼い主なんです。
今思うとケリーとの日々がとっても濃い毎日だったんだなあ~と・・・
毎日びっくりすることばかりですがなんだか楽しいですよ(笑)

ラルママさん
いえいえ、私は何もしていませんし・・
おっしゃるとおりどれもこれもこの子の個性なんですよ
それを「うるさい!、うっとおしい」と思うか「面白いことするなあ~、上手やなぁ~」と一緒にたのしむかで運命も変わってくると思うんです。
この種の鳥さんはなかなかねえ~
我が家もケリーがいてたといえ初めてのことが多くてびっくりぃ~わっはっはぁ~~の毎日ですからねぇ~(笑)
ある意味ドーベルマンや土佐犬より難しいこともありますよぉ~~(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kirei501.blog82.fc2.com/tb.php/90-a4fc60df

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。