FC2カウンター


プロフィール

ケーちゃんのまま

Author:ケーちゃんのまま
ある日突然オウムを引き取ることになりました。その子は毛引きで、片目が見えなくて、歳がいっている・・
長い間一羽ですごして、それでも人とともに生きることを諦めていない子でした。
突然舞い込んだオウム・ケリーと過ごした2年8ヶ月の記録です。

そしてケリーと一緒に暮らした子、その後に迎えた大鳥2羽
大鳥ちゃんはやっぱりいろいろ事情のある子たちでした。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


最近のトラックバック


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身の上話   その2

身の上話の続きです。
ここから先は今思い返しても本当にびっくりする事ばかりでした。

さて、いきさつはいろいろあるんですが、とりあえずままはその子(ポーです)を引き取りに行くことになりました。
我が家から100キロ、高速道路を乗り継いで迎えにいったのですが・・

実は主人は一人でケリーを迎えに行ってるんです。
大きなゲージを車につんで・・
そのときはケリーは家に着くまでとっても静かだったそうです。
そして私は銀河を迎えに行っています。
宅急便の支局に預けられていた銀河はそれはそれは心細そうな顔をして待っていました。
でも銀河も帰りの道中・・とっても静かだったんです。

私も実際には始めて見たポー
なんとも衝撃的な出会いでした。
35×35のインコ用のゲージに入れられ
ケリーのように体の羽毛はほとんど自分でちぎって・・
そしてのせられた車の中で金切り声をあげている子
それがポーでした。

ポーは身長約45センチ、体重は600グラム強です。
その子が35のインコ用のゲージに押し込められて
餌は・・ハムスターのえさが山盛り入っていました。
興奮状態のポーをキャリーに入れ替えることもできず、そのまま車に積んで急ぎに急いで帰ってきましたが・・
まあ~途中の車中で鳴く、鳴く、わめくわめく・・(苦笑)
窓を開けると追い越していく車の運転手が覗いていくぐらいの絶叫を何度も何度も・・

つれて帰ってくると毛引き以外は見た目普通のキバタンでした。
ケリーと違ってにおわないし(羽はずいぶん汚れていましたが)普通に歩ける様子にほっとしましたが・・・
それはつかの間のほっとした時間だったんです。


どこかで見た文章だなぁ~と思っていらっしゃる方・・
ご勘弁ください。
あそこから持ってきたものです。
実は別サイトでも我が家の子たちの日記を持っているので・・
そこからの転写ですm(__)m
2回読まれた方・・どうぞお許しください。
ただ、ケリーのこと同様にこの子のこともたくさんの方々に知っていただきたいと思っています。
大切にされてい子がいっぱいいる中で・・
やっぱりこんな子もいるんです。
スポンサーサイト

コメント

ポーちゃんには、そんな可愛そうなことがあっったんですね。読んでいて涙が止まりませんでした。(すみません。涙もろいんです。)

ぽーちゃんが、ケーちゃんのままさんのところに引き取られて、本当に良かったと思います。ポーちゃんも、幸せをかみしめていると思いますよ。

はっぴ~ママさん
あーん泣かないでください・・
そうでないとこの先書けません(;_;)
もう少し・・びっくりされることがあるんですよ・・
こんな子ばかり好きなんて・・本当に厄介な飼い主なんです

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kirei501.blog82.fc2.com/tb.php/99-7169c503

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。